logo Artec3D|ハンディ型スマート3Dスキャナ

Professional 3D Scanners "Artec3D"

「現実」と「仮想」をつなぐ
ハンディ/モバイル型スマート3Dスキャナー
「現実」と「仮想」
をつなぐ
ハンディ/モバイル型
スマート3Dスキャナー

目の前のリアルをバーチャルへ、3Dスキャンから始まる新感覚のデジタルワークフロー

「Artec3D Scanners|アーテック3Dスキャナー」は、最新のセンサー技術/エッジ処理技術を搭載した、ハンディ・モバイル型のスマート3Dスキャナーです。目の前に存在するあらゆる形状を簡単に3Dモデル化し、デジタル主体のプロセス革新を強力に支援します。

LINE UP

CASESTUDY 導入事例

DOWNLOAD ダウンロード

本製品の体験版・カタログの
ダウンロードはこちらから

  • Artec3Dスキャナ一覧カタログ
  • Artec Leoカタログ
  • Artec Eva/Spiderカタログ
  • Artec Rayカタログ

NEWS & COLUMN お知らせ&コラム

新着情報をカテゴリー別に絞る
  • すべての記事
  • セミナー情報
  • お知らせ
  • コラム
  • トレーニング
  • 製品情報
デジタルプロセスの入り口として活用が拡がる3Dスキャナ

デジタルプロセスの入り口として活用が拡がる3Dスキャナ

従来プロセスの入り口に3D-CAD以外の新たな手法として3Dスキャナによるデジタル化が広く認知されるようになってきました。リアルに存在する物体を3Dスキャナによって3D化し、バーチャルな空間での流れを作り上げます。

多様化する3Dスキャナによって、用途に応じた3Dスキャニング技術が利用されるようになりました。Artec3Dスキャナはパターン投影法をベースとしており、特殊なパターン技術によってハンディで高速に高精度にスキャニングすることが可能です。

スキャニングの流れ

スキャニングの流れ

スキャンを開始する前に特別にオブジェクトの準備は必要無く、3Dスキャンをそのまま開始できます。スキャナをコンセントに差し込み、ビデオを撮る気軽さでオブジェクトの周りをぐるりと回ってスキャンするだけで作業は終わりです。まったく手間はかかりません。またArtec3Dスキャナでスキャンしたデータを、高速かつ快適に編集するためのメッシュ/ポリゴン処理用オーサリングソフトウェアの「Artec Studio」は、直感的で使いやすいインターフェースで、スキャナのデータキャプチャ方法や精度水準をコントロールします。3Dスキャンしながら、優れた精度でモデルを作成できます。

Artec3Dスキャナの歴史

Artec3Dスキャナの歴史

2008年にArtec3Dスキャナの歴史が始まり、現在は第三世代の3Dスキャナへと進化を遂げています。より手軽に、より高精度に、そしてカスタマイズ機能も充実し特化型システムへの組み込みによる運用も増えています。