株式会社 データ・デザイン Artec3D|ハンディ型スマート3Dスキャナ

LINE UP 製品詳細

【NEW】Artec Cloud

コラボレーティブプラットフォーム
【NEW】Artec Cloud

共有・処理・共同制作

個人とチームが好きなブラウザから直接3Dスキャンデータにアクセスや表示、コメント、処理ができるようにするコラボレーティブプラットフォームです。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

プロジェクトを作成して整理
スキャンデータの詳細情報を表示したり、ワークスペースでプロジェクトの作成・編集を行ったり、最も必要な処理機能に簡単にアクセスすることで、プロジェクトの整理をしましょう。

リアルタイムのコミュニケーション
チームと連携してすぐにオンラインで作業の確認をしたり、フィードバックを交換しながらコメントをしましょう – すべてリアルタイムで。

チームトレーニング
3Dスキャンサービスプロバイダーとクライアント間の簡単なコラボレーションに参加しましょう。すべてのデータを1か所に保持し、ご自身の画面で作業をしながら、チームやクラスの生徒をトレーニングしたり、モデルを表示してデータを処理しましょう。

特定領域をハイライト
プロジェクトやスキャンデータのハイライトが必要な特定的な部分にズームインをすることで明確に指摘し、チームがそれを確認して行動できるようにコメントを残しましょう。

Artec Cloud-新しい働き方の提案

Artec Cloud-新しい働き方の提案

3Dスキャンデータの表示、コラボレーション、そして処理をお使いのブラウザで行うことが可能になりました。野外でスキャンをしていて迅速な対応が必要な場合でも、さまざまな場所に拠点を置くチームと協力している場合でも、どこからでもデータにアクセスしてダウンロードすることができます。

Artec Cloudは、3Dスキャンデータのアップロードやダウンロード、インポート、エクスポート、表示、コメント、共有、そして処理を可能にするサーバーとして機能するので、3Dデータを取り扱うワークフローにより柔軟性をもたらしてくれる、使いやすいリアルタイムのコラボレーションプラットフォームです。

Artec Cloudの利点とは

データの即時アップロードとブラウザへの即時アクセスのおかげで、よりスマートにコラボレーションを行い、すぐに処理を開始することができます。

効率的

効率的

コラボレーションや処理モードでチームと3Dスキャンデータとモデルを直接共有すると、ワークフローがはるかに効率的になります。あなたの同僚やクライアントは、キャプチャした3Dスキャンデータを表示、コメント、または処理ができることで、作業過程に積極的に貢献できます。どのアカウントでも、リクエストを送信してコメントを残したり、結果を生成できるため、スキャン現場への余分な行き来を削減しながら、時間とリソースを節約できます。これにより、数時間から数日間の節約が可能です。

即時性

即時性

スキャンや処理、そしてチームと結果の話し合いをするワークフローを別々にしか行えなかった時代はもう終わり、大きなファイルの転送に長時間かかることもなくなりました。Artec 3Dのハンドヘルドスキャナでオブジェクトまたは環境をスキャンし、データをArtec Cloudにすぐにアップロードしましょう。次なる段階は、クライアントが使用するブラウザから直接あなたのスキャンデータに即時にアクセスすることから始まります – このように、コラボレーションが簡単に始まるのです。

使いやすさ

使いやすさ

より速くデータも利用できるようになりました。Artec Cloudでは、データは新しく、すっきりとした外観で表示されます。キャプチャされたノイズはよりスムーズになり、スキャンの質が明らかになります。これはすべて、ポリゴンモデリングの代わりにサーフェス要素を使用しているためです。

サーフェス要素を使用すると、データの読み込み速度が向上するため、プロジェクトをサーバーに保存してウェブで作業している場合でも、データをビューアモードで表示したり、コラボレーションで作業したり、処理モードで処理したりできるようになります。

複数のプロジェクトを同時に処理

複数のプロジェクトを同時に処理

Artec Cloudを使用すると、複数のプロジェクトの処理が同時に行えるため、時間の節約になります。お使いのPCのCPUやGPU、そしてメモリに頼ることなく、Artec Cloudがすべての作業を実行してくれるので、その間になにか他のタスクに自由に取り組むことができます。もしくは一旦デスクから離れ、プロジェクトが処理されて準備が完了次第戻ってきてもよいでしょう。

簡単な統合

簡単な統合

Artec CloudはArtec Studio 16と簡単に連携できますが、スタンドアロンとしてもご使用いただけます。このプラットフォームを使用すると、大規模なプロジェクトの作業プロセスと共同作業を簡素化および迅速化できたり、小規模なタスクを完全に再定義することができます。

迅速なコミュニケーション

迅速なコミュニケーション

スクリーンショットを撮ってあなたが意図するスキャンの領域を示したり、多数のプラットフォームを利用して必要な会話をした日々は、もうお忘れください。これからはArtec Cloudプランを使用して、コンテキストに対するコメントや画像を3Dデータに直接固定できるようになり、フィードバックがこれまでになく明確になります。これがあなたの新しいコミュニケーションの方法です

トレーニング中にリアルタイムに応答

トレーニング中にリアルタイムに応答

Artec Cloudを使用すると、キャプチャしたデータを処理したり、新しいプロジェクトを立ち上げたりする場合に、リアルタイムでコメントや質問、フィードバックを受け取ることができます。アップロードしたスキャンやモデルを共有し、任意のモードでコメントやフィードバックを受け取ることも、新しいプロジェクトを開始してキャプチャしたデータを有料の処理モードで同僚やクライアントと処理することもArtec Cloudで可能となり、そこで提供されるツールはトレーニングやビジネスの需要に対応しています。

高い互換性

Artec Cloudは、LeoやEva、そしてSpace Spiderと互換性があり、すべての主要なブラウザからアクセスができ、WindowsおよびmacOSで実行できます。Artec Leoを使用すると、SDカードやケーブルを必要とせずにプロジェクトをArtec Cloudに直接アップロードすることができ、EvaとSpace SpiderはArtec Studioからのアップロードをサポートします。必要があれば、プロジェクトをArtec CloudからあなたのPCへダウンロードしましょう!

使いやすいインターフェースと簡素化された処理のワークフローにより、スキャンの専門家から新しいクライアントまで、誰もが恩恵を受けることができます。

Artec Leo

タッチスクリーン内蔵、直感的なUIで簡単操作。ユーザーフレンドリーなモバイル型3Dスキャナ。

スキャナのタイプ
ハンドヘルド
オブジェクトのサイズ
中~大型
精度
最大0.1 mm
解像度
最大0.2 mm

Artec Eva

Artec社のベストセラー3Dスキャナ
高速、高精度かつ多用途を実現。

スキャナのタイプ
ハンドヘルド
オブジェクトのサイズ
中~大型
精度
最大0.1 mm
解像度
最大0.2 mm

Artec Space Spider

計量学に基づいた軽量の3Dスキャナ自動温度スタビライザー搭載で安定・高精度。

スキャナのタイプ
ハンドヘルド
オブジェクトのサイズ
小型
精度
最大0.05 mm
解像度
最大0.1 mm

SPEC 技術仕様

Artec Cloudには、さまざまなニーズに対応するため、
3つのプランがございます。

ビューワライセンス

プロジェクトブラウザ

プロジェクトブラウザ

標準的なアプリケーションやプログラムで大概見られるような簡単な表示により、どちらのプランでもお探しのプロジェクトをリストの中から見つけることができます。
コラボレーション用または処理用アカウントをご利用になると、フォルダを整理して、必要に応じてお好きなように並べ変えることもできます。

プロジェクトビュー

プロジェクトビュー

これらのフォルダからスキャンのプレビューと詳細情報を表示し、これらのプロジェクトにアクセスできるユーザーを確認することができます。
これは従来のドライブと同じようなものですが、こちらはスキャンデータを基に作成されています。

マウスオーバー

マウスオーバー

ほとんど完璧なスキャンでも、「ちょっと惜しい」といった経験はございませんか?
Artec Cloudのマウスオーバー機能をご利用いただくと、問題の部分にマウスを合わせて説明コメントを残すだけで、修正が必要なスキャンの特定ができます。
このマウスオーバーツールのご活用で、あなたのチームやスキャンサービスプロバイダーに特定の部分のやり直しを指示したり、ノイズを除去するようにアドバイスすることが可能になります。
注意が必要な部分に直接コメントを残し、ソフトウェアインターフェイス内に置いておけることで、コミュニケーションがこれまでになくシームレスで明確になります。

コラボレートライセンス

共同作業

共同作業

スキャンをアップロードしたり、コメントを残したり、重要な会話をしたりすることができます。なにかの参照をしたり、インスピレーションを得るために、同僚と画像を共有することもできます。何かのスキャンが必要な場合には、Cloudで新しいプロジェクトを開始し、参照用に写真をアップロードしてチームメイトに送信しましょう。チームメイトはそのタスクを受け取り、あなたのメッセージに返信して、すぐに仕事に取り掛かることができます。

作業の保存

作業の保存

コラボレーションモードを使用すると、何かをうっかり見逃すこともありません。
すべてのデータと過去に行われた作業が1つの場所に保持されているため、チーム内での簡単な参照や優れたコミュニケーションに期待ができます。

画像添付

画像添付

あなたやあなたのクライアントにスキャンしたいものがある場合は、その画像をプロジェクトに簡単に添付することもできます。プロジェクトとそれへの招待をクライアントや3Dサービスプロバイダーに送信して、作業を開始します。Artec Cloudは、コミュニケーションやコラボレーションを行うために必要となる唯一のプラットフォームになりました。

インポート&共有

インポート&共有

コラボレーションや処理の計画があれば、3Dデータとモデルをアップロードやダウンロードできるようになります。
サポートされているファイルには、Artec Studioデータ形式、およびOBJ、PLY、STL、WRLなどの一般的な3Dモデル形式が含まれます。
一度アップロードすると、データはすぐにオンラインで利用できるようになり、すぐに表示ができます。
1つのコラボレーションアカウントと1つまたは複数のビューアアカウントを使用している場合は作業を共有でき、チーム内で表示やコメントができます。
Artec Cloudは、教育関係者や学生、または3Dスキャンスペシャリストや彼らがトレーニングする新しいチームの間で共同作業するための特別な機会を提供します。

処理ライセンス

主な機能

フルアクセスのアカウントを使用している場合、処理オプションはArtec Studioとほぼ同様です。手動と自動操縦のどちらかを選択することができます。
処理アカウントでは、毎月20件までプロジェクトの処理ができます。お使いのPCのメモリやGPU、またはCPUを使い切ってしまう必要がないため、一度にいくつでも処理することができます。
手動モードでは、位置合わせやスキャンの準備、モデルの作成、モデルの調整、そしてエクスポートの処理が表示されます。

位置合わせ

位置合わせツールは、使いやすさが基盤となって作られています。手動と自動のどちらかを選択して、あなたのニーズや好みに応じて複数のスキャンを位置合わせします。

スキャンの準備

より少ないアクションとステップで、 パネルまたはアルゴリズムの異なるグループのアルゴリズムを切り替えなくてもいいので、多くの時間を節約しながら、新しいユーザーにとってスキャンの準備がはるかに簡単になります。 キーフレームを選択するときは、必要な番号を入力するか、スライドを任意の桁に移動しましょう。

モデルの作成

モデル作成のプロセスはArtec Studioのメッシュ化機能と連携しています。ここでは、スキャンをメッシュ化して、次の段階に進む前に3Dモデルを作成することができます。

モデルの調整

処理の最終段階は、モデルを調整することです。ここでは、テクスチャ処理、メッシュの簡略化、不要なノイズの除去を行うことで、モデルを共有やエクスポート、または送信する前に、最終的なモデルのクリーンアップができます

エクスポート

処理された3Dモデルはお望みの精度によってOBJ、STL、PLY、またはVRMLを選択してエクスポートできますが、高解像度のスクリーンショットはJPG、PNG、またはWEBPの形式になります。

手動編集

処理プランでは編集は手動になります。ここでは、Artec Studioの最も重要なツールを処理のどの段階でもお使いいただけます。
消しゴムや配置、変換、スムース、ミラーツールを使用してデータを編集しましょう。

消しゴム

3Dスキャンシーンから不要なデータを削除して、鮮明でクリーンな3Dモデルを作成します。

配置

処理中に必要に応じて、オブジェクトを再配置したり、中央に配置します。この位置ツールは、複数のオブジェクトを操作したり、オブジェクトを座標系の中央に配置する必要がある場合に便利です。

変換

Artec Cloud内では、必要に応じてスキャンした複数のオブジェクトのサイズを互いに同じスケールにすることも、実際よりも大きくまたは小さくすることもできます。

スムース

このツールは、スキャンの欠陥をスムージングする必要がある場合に役立ちます。スキャンの欠陥は、複雑な表面や手の届きにくい領域をスキャンする際に発生することがあります。

ミラー

リバースエンジニアリングで特に役立つこのミラーツールを使用すると、スキャンデータを反転することでスキャンしたオブジェクトのミラーバージョンが作成できます。

機能比較表

機能 ビューワライセンス コラボレートライセンス 処理ライセンス
コメントと添付ファイルの追加
スキャンとモデルを表示
スキャン、モデル、Artec Studioプロジェクトをさまざまな形式でエクスポート
新しいプロジェクトの作成 ×
プロジェクトの複製 ×
Artec Leoから直接プロジェクトをインポート ×
Artec Studioからプロジェクトをインポート ×
スキャンとモデルをインポート ×
フォルダ内でのプロジェクト整理 ×
スキャン、モデル、プロジェクトの共有 ×
スキャンデータを処理するための主要な機能とアルゴリズムの利用 ×
スキャンとモデルの手動編集 × ×
スキャンとモデルの自動編集 × ×

LINE UP



CONTACT 問い合わせ