logo Artec3D|ハンディ型スマート3Dスキャナ

CASESTUDY 導入事例

研究&教育ArtecMicro

リスの頭蓋骨を数分でキャプチャ | 2020.02.5

2020.09.28 更新

Artec Leo

Artecの広報であるポール・モトリーさんがバージニア州アマーストの自宅近くの森を散策していたところ、地面に灰色のリスの頭蓋骨が落ちているのを発見しました。
それを持ち上げて、そのわずか2.165インチ(55mm)の複雑で有機的な構造を観察してみると、彼は小さな物体、特に難しい形状の物体のためのデスクトップ3DスキャナーであるArtec Microの能力をテストする絶好の機会であることに気付きました。
リスの頭蓋骨は確かにその資格があります。抜本的な曲線、細い、髪の毛のような縫合により、頭蓋骨は美しく複雑です。
「この頭蓋骨をスキャンすることに決めた理由は、今日の産業用アプリケーションでスキャンする必要がある多くのオブジェクトのジオメトリと非常に似ていることに気づいたからです。」とポールさんは語ります。
「Microを使用すると、オブジェクトの複雑さをすべてキャプチャするために必要な手順と、それにかかる時間の両方の面で、ワークフローを劇的に削減できます。言うまでもなく、私は誰かにほんの数分でマイクロを使用することを教えることができ、その後、彼らは最初のスキャンからプロの結果を得るでしょう。私にとって、これは大きなセールスポイントです。電子レンジで何かを調理するよりも多くの入力なしで、カラー3Dで驚くほど多くの詳細をキャプチャできる方法です。」

DOWNLOAD ダウンロード

本製品の体験版・カタログの
ダウンロードはこちらから

  • Artec3Dスキャナ一覧カタログ
  • Artec Leoカタログ
  • Artec Eva/Spiderカタログ
  • Artec Rayカタログ