logo Artec3D|ハンディ型スマート3Dスキャナ

CASESTUDY 導入事例

医療Artec StudioSpace Spider

医師や医療従事者向けのマスクを数分でスキャン | 2020.06.16

The Makers Group

2020.09.28 更新

Artec Leo

マスクやその他のPPE(個人用保護具)は、感染と隣り合わせの状況下で働く医療従事者にとって絶対に必要なものです。
とは言うものの、この長い闘いにおいて、多くの病院やクリニックではマスクとフェイスシールドがほとんどなくなってきているのが現状です。
標準の医療用マスクが手に入っても、マスク自体に欠陥がありまれに汚染された空気が入り込んでしまったり、その着用感が快適でなく、着用している間に不快感が出てくることも大きな欠点です。
そのためロシアの医師達は、標準のマスクとフェイスシールドの代わりに市販のシュノーケリングマスクを使用し始めました。
スポーツ用品チェーンのDecathlonは、これらのマスク10,000枚をロシアの医師達や医療従事者達に惜しみなく寄付しました。

マスクはぴったりと顔に密着し、ウイルス粒子が直接着用者の顔に接触するのを防いでくれます。
しかし、この既製のソリューションにおける問題は、マスクの上にあるエアチューブコネクタにあります。
何とこのマスクにはフィルターがないのです。このままではここからマスクに入る空気にウイルスが含まれてしまう危険性があります。
この脆弱性に対応するため、The Makers Groupはカスタムの3Dプリントがされたノズルを作成して、それをエアチューブコネクタに取り付け、プロ仕様のエアフィルターをマスクに結合できるようにしました。

また、体格が大きめな医師達には1つのエアフィルターだけで呼吸するのが難しいことが分かったため、2つのフィルターを取り付けることができるようにデュアルパイプソリューションが作成されました。

DOWNLOAD ダウンロード

本製品の体験版・カタログの
ダウンロードはこちらから

  • Artec3Dスキャナ一覧カタログ
  • Artec Leoカタログ
  • Artec Eva/Spiderカタログ
  • Artec Rayカタログ