logo Artec3D|ハンディ型スマート3Dスキャナ

CASESTUDY 導入事例

工業デザイン&製造Artec Eva

飛行機の扉をリバースエンジニアリング | 2020.03.18

2020.03.18 更新

Artec Leo

イタリアで設計され、1955年に最初に飛行した2人乗りのアクロバット飛行用の航空機、セコイア・ファルコ機。
その再現を飛行機愛好家マイケルシューラー(Michael Shuler)氏が行っていたところ、ドアの建設に関するある問題に直面しました。
ドアが完全にフィットし、周囲の部品や表面内で機能する必要があるため、その面積は小さく、正確に測定が行えないと安全性の確保において重要な問題が発生します。ドアを正確に測定できるかどうかは、生死に関わり得る問題なのです。
そこで中型の物体やリバースエンジニアリングの機械部品に最適なArtec Evaが選ばれました。
実際の部品を作成するにあたっての測定のためだけでなく、その領域の周囲の寸法を考慮し、ドアが実際に適切に機能し、周囲のすべてがうまく機能することを確認するためにもEvaが使用されました。




CONTACT 問い合わせ