よくあるご質問

ソフトウェアメンテナンスについて

ソフトウェアメンテナンスには、以下の内容が含まれます。

-保守期間中にリリースされた最新版のインストーラー及び修正プログラムのご提供

-電話/FAX/メールによるテクニカルサポート

-リモートメンテナンス対応

-ドングル故障時の交換費用

ソフトウェアメンテナンスの再契約について

ソフトウェアメンテナンスが4年以上切れている場合、再契約不可のため買い直しが必要となります。

4年未満の場合は遡りが可能ですので、費用については弊社までお問い合わせください。

ソフトウェアメンテナンス契約のご案内について

保守期限の前月にFAXまたはメールにてご案内しております。

メンテナンスを契約しない場合のソフトウェアの使用について

メンテナンスを打ち切りされた当時のバージョンであれば継続してご使用が可能です。

(バージョンアップはできません)

インストール方法について

V2017R2のインストールガイドはこちらよりダウンロードが可能です。

旧バージョンからの工具データーベース移行ついて

インストールガイドのP.30~35の手順をご参照ください。

旧バージョンからのポスト移行ついて

V2017インストールガイドのP.36の手順をご参照ください。

インストール後、起動すると一部文字バケしている箇所がある

アップデートインストールが正常に実施されていないことが要因です。

V2017インストールガイドP.22~24の手順を実施してください。

ライセンス更新手順について

こちらよりV2017ライセンス更新手順書のダウンロードが可能です。

 

※ライセンスの更新はご使用のバージョンに対するCLSより実施してください。

(例:SURFCAM2016をご使用の場合は、CLS2016よりライセンスマネージャーを起動します)

CLS2017のアイコン(鍵マーク)が表示されていない

CLSが実行されていません。エクスプローラより下記のファイルをダブルクリックして実行してください。

C:\Program Files (x86)\Common Files\Vero Software\2017.10\CLS\cls.exe

起動時に「メンテナンスが切れています」と警告が表示される

メンテナンスが切れていても現行のバージョンは継続してご使用が可能です。

メンテナンスを更新していても同様の警告が出る場合、正しいライセンスが適用されておりませんので保守更新時に弊社よりご送付しているライセンスを適用してください。

ライセンスの送付について

メンテナンスを更新いただいた後に、弊社よりメールにてご担当者へ送付しております。

もしお手元にない場合は再送致しますので、弊社サポートまでご連絡ください。

ドングルタイプと起動可能なバージョンについて

SURFCAMのドングルは主に3種類ございます。

 

・パラレルタイプ

・USBタイプ(黒色、紫色)

・USBタイプ(緑色)

 

ご購入いただいた時期によってご使用されているタイプが異なりますので、

各ドングルに対する起動可能なバージョンはこちらよりご確認ください。

デモモードでしか起動できない

下記に問題がないかご確認ください。

 

・SIMは接続されていますか?

⇒SURFCAM用のSIMがPCに接続され、ランプが点灯していますか。

 

・ドライバーはインストールされていますか?

⇒コントロールパネル>プログラムの一覧に「Sentinel System Driver」はインストールされていますか。

 

・ライセンス期限が切れていませんか?

⇒CLS2017よりライセンスマネージャーを開き、画面下部のライセンス期限をご確認ください。

デモモードでも起動できない(画面が起動できない)

バックアップファイルが残ったままになっていることが要因と思われます。

エクスプローラより下記ファイルを削除し、再度起動をお試しください。

C:\ユーザー\Public\SURFCAM\SURFCAM2017\Interim\as0.scbak

使用中に「Connection to the License Server is down」エラーが発生する

複数のファイルを同時に開いて作業している場合に発生しやすい傾向があります。

単独でファイルを開き作業を実施してください。

 

それでも改善しない場合、PCにインストールされているアンチウイルスソフトにて下記フォルダをウイルス検索から除外設定してください。

C:\Program Files\SURFCAM\SURFCAM2017

C:\Program Files (x86)\Common Files\Vero Software\2017.10

C:\ProgramData\Vero Software\2017.10

C:\Users\Public\SURFCAM\SURFCAM2017

構築ビュー平面を非表示にしたい

SURFCAM Traditionalの画面上で右クリックし表示されたメニューより[構築ビュー平面]-[非表示]を選択します。

背景色を変更したい

初期設定では青色のグラデーションになっております。

上部メニューより[ツール]-[オプション]を開き、左のツリーより[色]-[パレット]を選択します。

右側の[色指定]にて、ご希望の設定(背景色)を選択しOKをクリックします。

自動保存時間を変更したい

初期設定では5分になっております。

上部メニューより[ツール]-[オプション]を開き、左のツリーより[システム]-[スタートアップ]を選択します。

右側の[自動保存時間]にて、ご希望の時間を設定しOKをクリックします。

表示の切り替えについて(ツールバー表示/メニュー表示)

初期設定ではメニュー表示になっております。

上部メニューより[ツール]-[オプション]を開き、左のツリーより[NC初期設定]を選択します。

右側にて任意の表示形式を選択しOKをクリックします。

アイコンの大きさ変更について

初期設定では大きいアイコンになっております。

画面右上(アイコンのない所)で右クリックし、大きいアイコン/小さいアイコンを選択します。

Windows7への対応について

V5(2010年5月リリース)より正式に対応しております。

32bitOSの廃止について

V2015(2016年リリース)にて32bitOSは未対応となりました。

V2015以降のバージョンは64bitOSにしかインストールができませんので、ご注意ください。

Windows10への対応について

V2017R2(2018年6月リリース)より正式に対応しております。

64bitOSの対応について

V6(2013年5月リリース)より正式に対応しております。

SolidWorksのライセンス移行について

SolidWorksをご使用される端末を変更されたい場合は、旧端末にてライセンスの解除が必要です。
インターネットに接続している状態で、[ヘルプ]-[ライセンストランスファー]を実施してから

新しい端末にてオンラインアクティベーションを実施してください。

 

ライセンスを解除しないまま新しい端末でライセンス認証を実施しようとすると
「このライセンスは既に最大数に達しています」等のエラーが発生されますので、ご注意ください。

 

※端末の故障等でライセンスが解除できない場合は、開発元へ強制解除を依頼することも可能です。
対象のフルコンピュータ名をお知らせください。
(SolidWorks のソフトウェアメンテナンスをご契約いただいているライセンスに限ります)

自動保存されるバックアップファイルについて

自動保存されるバックアップファイルは、インストールフォルダ直下に保存されます。
(C:\Program Files\SURFCAM\SURFCAM2017など)

バックアップファイルの拡張子は*.scbakですので、*.scprtに変更してファイルが開けるかご確認ください。