logo Fusion 360 with Netfabb|3D積層造形向け設計/解析ソフトウェア

LINE UP 製品詳細

AUTODESK Fusion 360 With NETFABB

3Dプリンティングデータ 形状最適化ソフトフェア
AUTODESK Fusion 360 With NETFABB

AUTODESK Fusion 360 With NETFABBは3Dプリンタに出力する形状を最適化するAMソフトウェアです。データの修復、スライスデータの作成、サポートの付加、ラティスのよる軽量化、スライスデータの作成ができます。3Dプリンタへデータ出力まですべての作業をサポートします。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

Fusion 360 With NETFABB 製品機能詳細

AUTODESK Fusion 360 With Netfabbでは、あらゆるCADフォーマット・メッシュデータをインポートし、メッシュのエラー修復・造形方向の決定からサポートの付加・パーツのネスティング・ラティスの生成・スライスデータの作成・解析までサポートします。プリセットされたマシン情報を取り込みできるため、使用しているプリンタ情報を追加できます。

Premiumに搭載されている機能
Ultimateに搭載されている機能


マルチCADインポーターの標準装備

CATIA、NX、PTC Creo、SOLIDWORKS、SOLIDEDGEをはじめ、3Dデータの標準フォーマットであるIGES、STEPのダイレクトインタフェースを標準で装備しています。受け取り側に同じCADソフトがなくても、ネイティブのデータをそのままNETFABBに読み込むことが可能です。

ポリゴン不整合の高度な自動修正

ポリゴンモデルに含まれるあらゆる不整合を自動的に検出し、修正まで行います。検出方法や修正方法は出力先のCADソフトや用途に合わせてパターンを登録することが出来ます。ワン・ボタンで誰でも簡単に複雑なポリゴンモデルの修正が可能となります。

造形方向の自動算出

造形時の最適な方向を自動的に計算することができます。ダウンスキン解析や、サポート領域、ボリューム等考慮しながら複数の候補を算出可能です。
最適な造形方向を確認しながら、検討する事ができます。

サポート付加機能

アンダーカットエリアを自動抽出し、サポート形状を付加することが可能です。SLM、DLP方式などあらゆる方式の3D積層造形装置に対応します。


豊富なマシン情報

3Dプリンタの情報が組み込まれており、プロセスパラメータ・専用ビューが用意されています。
使用するプリンタを選択することで、ビルドエリアをインポートできます。
取り外し工具の情報等、必要事項を登録してカスタマイズすることが可能です。

柔軟なモデルカット、用途に応じたモデル編集

取り込んだモデルに対して、あらかじめ登録されているかみ合わせ輪郭にて形状を分割することが可能です。また任意の輪郭線(多角形)でトリミングをしたり、二つのモデルのブーリアン演算(和、差、積)を行ったりスムージングを行ったりすることが出来ます。

2D/3D パッキング

Netfabbのパッキング機能は、2D/3D含め4種類あります。

  • 単純なパッキング
  • 2Dパッキング
  • 3Dパッキング:スキャンライン – 空間を認識
  • 3Dパッキング:モンテカルロ – バウンディングボックスを認識

それぞれパッキングの機能を個々に使用することも可能ですが、ユーザーのニーズに合わせてパッキングをコントロールすることができます。大きいものはプラットフォームの中心へ、小さな部品は隙間に埋め込む、など効率よくパッキングすることができます。


テキストラベリング

カンマ区切りのCSVフォーマットにてラベル名情報を取り込み、一括で複数の3Dモデルに張り付けてエンボス加工を行うことが出来ます。パーツ名や所有者の名前などを転写する際に便利な機能です。


テクスチャマッピング、テクスチャインポージング

取り込んだ3Dモデルにテクスチャを張り付けて色付けを行ったり、テクスチャの濃淡情報からエンボス加工を行うことが可能です。


干渉チェック、薄肉チェック

取り込んだ複数の3Dモデルがそれぞれ干渉していないか、または一定厚み以下の形状が存在していないかをチェックすることが出来ます。造形をスムーズに行うために重要な機能の1つとして提供しています。


Excel/PDFレポート出力(カスタマイズ可能)

3Dプリンター出力状況をExcelまたはPDFフォーマットにてレポート出力することが可能です。レイアウトや出力するデータはユーザーサイドでカスタマイズすることも出来ます。

ラティス・アシスタント

ラティス・コマンダー

ラティスの生成

軽量化・材料削減を目的としてた内部のラティス構造を簡単に作成できます。

  • 簡単にラティスを作成できる ラティス・アシスタント
  • シェル化、内部と表面のラティス化を個別に生成できる ラティス・コマンダー

Premiumでは、上記2つの機能が搭載されています。

ラティストポロジー最適化(Utility機能)

軽量化・材料削減を目的としてた内部のラティス構造をし、応力解析を行い、得られた解析結果を元に梁の太さを最適化するツールとなります。

ラティス – 構造ライブラリ

軽量化・材料削減を目的としてた内部のラティス構造をユーザー側でカスタマイズすることができます。ラティスのつなぎ方、梁の断面、異なるラティス形状への接続など、複雑なラティスを定義することが可能となります。


「Luaスクリプト」によるワークフロー自動化

読み込み、解析、修復、パッキング、スライシング、ツールパス生成など、一般的な準備タスクを自動化します。

クリックすると動画が再生されます。

金属粉末床溶融結合シミュレーション(LT版)

Ultimateには、パウダーベッド方式シミュレーションユーティリティが付属しています。デフォルトで用意されたプリセットを使用して、造形時に歪みや応力解析、リコーター干渉、サポートブレイクなどの検証ができます。
変形結果より、データに逆変形をかけることで、3Dデータと造形モデルの整合性を保つことができます。
指向性エネルギー堆積法・DEDの解析は、Local Simulation 製品版で解析できます。
( Local Simulationページへ )

SPEC 技術仕様

 

モデルの読込み・書き出し・メッシュ修復 Premium Ultimate
一般的な形式のファイルの読込み
メッシュファイルやSTEP,IGESなどの汎用フォーマット、一般的なCADファイルを読み込むことが可能
CADデータのインポート
3DM, CATPART, CGR, FBX, IGES, IGS,JT, MODEL, NEU, PRT, SAT, SKP, SLDPRT, SMB, SMT, STEP, STP, WIRE, X_B, X_T, XPR.
ポリゴンデータのインポート
STL, STL (ASCII), STL (colour), X3D, X3DB, GTS, OBJ, 3DS, NCM, AMF, ZPR, PLY, 3MF, BINVOX, VRM, WRL.
スライスデータのインポート
SLI, CLI, SLC, SSL, ABF, SLM, MTT, CLS, USF, CLF, PNG, BMP, SVG ,DXF, PS, JPEG, BINVOX.
標準的な3Dプリントフォーマットへの出力
STL, STL (ASCII), STL (colour), X3D, X3DB, GTS, OBJ, 3DS, NCM, AMF, ZPR, PLY, 3MF, BINVOX, VRM, WRL.
標準的なスライスフォーマットへの出力
SLI, CLI, SLC, SSL, USF, PNG, BMP, SVG ,DXF, PS, BINVOX.
バッチ読み込みと修復
複数のファイルを同時にプロジェクトに追加し、読込み中に自動修復を実行可能
ソリッドモデルのワークフロー
対象となるタスクに適切な詳細レベルでCADファイルのソリッドモデルを読込み、必要に応じて再テッセレーション
自動メッシュ修復
最も一般的なメッシュエラーの修復、定義済みまたはカスタム修復スクリプトの実行
半自動メッシュ修復
パーツ全体または選択した三角形・サーフェス・シェル・エッジに特定の修復操作を実行
手動メッシュ修復
様々なメッシュ修復ツールを使用して、三角形・ノード・エッジを手動で追加・除去・調整
クラウドによるプロジェクトコラボレーション
A360クラウドベースのプロジェクトストレージを利用すると。場所を問わずNetfabbプロジェクトを関係者と共有可能
メッシュからCAD(B-rep)への書き出し
有機的な自由形状メッシュファイルを境界表現モデルに変換可能

 

解析ツール Premium Ultimate
パーツとプラットフォームの統計情報
メッシュ統計情報、パーツのサイズと体積、プラットフォームの容量と使用率を簡単に参照可能
パーツレベルの解析
アップスキン/ダウンスキン、重心、肉厚、シャドー領域、サポート材の体積を計算して表示可能
計測
モデルの変更に伴って更新されるパーツとパーツ間の長さ、厚さ、単価の測定値を作成可能
メッシュを比較
メッシュ間の距離を比較し、再メッシュ、スケーリング、補正変更後のモデルを確認
リアルタイムの干渉検出
プロジェクトの複数のパーツが接触していないかどうかをチェックし、衝突が発生しそうな場所を即座に特定
インターロックの検出
手動および自動パッキング手順の後に、インターロックしている可能性があるパーツを特定
Z方向の除去性の確認
パーツが垂直方向に干渉し合う場所を特定することで、プラットフォームの負荷を簡単に削減
レポート作成
カスタマイズされたテンプレートでパーツやプラットフォームの解析情報を集約し、評価や見積、生産計画作成に利用

 

モデルの編集 Premium Ultimate
カットツール
平面を使用してパーツをカットしたり、エッジプロファイルを使用してフリーフォームのポリゴン形状をカット
ピンと穴
カット時に分割パーツのアセンブリに役立つピンや穴、フックの形状を追加
ミラーと尺度
ミラーコピーの作成や尺度の係数や率、ターゲットのサイズ設定を使用したコンポーネントの尺度の変更
シェルの分割または抽出
複数のシェルを含むパーツを複数のパーツに分割したり、パーツから選択したシェルを手動で抽出可能
メッシュ操作
スムージング、押し出し、歪み、ブール演算、せん断操作を使用して、メッシュを直接操作可能
テクスチャと色
特定パーツにマークを付けてのペイントシミュレーションやプリンタにパーツを送信して色の生成が可能
ラベル付け
テキスト、シールド、イメージラベルを手動で追加したり、複数のラベル付きパーツを一度に自動で作成可能
パーツの空洞化
様々なオプションを利用して空洞のパーツを作成し、オフセットシェルサーフェスを定義

 

方向とパッキング Premium Ultimate
方向解析
最適な向きを計算し、ユーザーが定義したパラメータとカスタムランキングでサポート材をプレビュー
移動・回転・位置合わせ
簡単な移動、回転、位置合わせツールを利用して、プラットフォーム上のパーツを手動で配置可能
平面パッキング
2Dプラットフォームでパーツをパッキングし、シェイプに従って自動的にグループ化し、干渉を回避
モデルパッケージング
小さなパーツのパッケージを作り、製造空間で失われないように管理可能
自動3Dパッキング
製造ボリューム全体でパーツを密にパッキン。カスタム製造対象外ゾーン設定するオプションもあり

 

ラティス生成と最適化 Premium Ultimate
ラティスアシスタント
パーツに空洞を作りラティス構造を追加するまでが1ステップで完了。マテリアルと処理時間を節約
パーフォレーション(穴あけ)
ラティス生成中にマッチングプラグを使用してマテリアルに排出用の穴を追加可能
ラティスコマンダー
パーツの内部やその表面に複雑なラティスを作成したり、複数のラティスやサーフェスを組み合わせて設計可能
Selected Space Stractures
サーフェスの輪郭に沿ったラティスや複雑なラティスを作成可能。LUAスクリプトを使用した組み合わせも可能
ラティス最適化(Optimization Utility)
組み込みの最適化機能により、必要な荷重条件に耐える不均一なラティスを生成可能

 

サポート作成 Premium Ultimate
フィラメント溶融製法サポート生成
ツールパスレベルのサポート材は、Gコードのエクスポートに統合
様々な種類のサポート
Netfabbでは、バー、ポリライン、ボリュームのサポート材の定義と作成を細かく制御可能
パラメトリックサポート
方向、アセンブリ、ジオメトリが変更されると、自動的にサポート材が更新
自動化されたサポートスクリプト
カスタムスクリプトを定義及び実行して、同時に1つ以上のパーツにサポート材を自動的に適用
半自動サポート生成
クラスタまたは面グループを使用して、手動でサポート材の追加、サポートスクリプトの選択領域適用が可能
手動サポート生成
細かな作業やサポート構造の微調整のために、サポート材の個別追加、移動、除去が可能
角度付きのボリュームサポート
パーツの外側からプラットフォームに投影し、パーツ間のサポート材を避けて、仕上げの手間を低減

 

ツールパス Premium Ultimate
スライスコマンダ
ハッチングパターン、シンプルなレーザー操作、オフセット定義、輪郭線と充填方向のシミュレーションが表示可能
視覚的なプログラミングインターフェース
定義済みの要素に視覚的な設計ツールを組み合わせることで、カスタムの精細なスキャン方針を作成
高度なツールパスユーティリティー(Advanced Toolpass Utility)
ツールパス、ジオメトリの準備、製造方針、書き出し形式の定義、スライスコマンダの統合機能のあらゆる側面に対応する
スクリプトインターフェース

 

装置の統合 Premium Ultimate
金属造形機ワークスペース
金属パーツの製造にあたり、製造プラットフォーム、マテリアル、製造方針に合わせ、機械それぞれの設定で準備可能
非金属造形機ワークスペース
積層造形装置の主要メーカーが販売する個々の非金属造形装置に合わせてパーツを設定可能
フィラメント溶融製法ワークスペース
多数のプロセスパラメータをカスタマイズして、FFF固有のサポート材生成スクリプトを適用可能

 

自動化 Premium Ultimate
LUAスクリプト
読み込み、解析、修復、パッキング、スライシング、ツールパス生成など、一般的な準備タスクを自動化

 

モデルの編集 Ultimate Local
Simulation
PRMファイルの作成
選択したマテリアルとプロセスパラメータに基づいて、PRMファイルを生成
Local Solve
ビルドプレート全体のシミュレーション
複数のモデルとサポート材読込み、パーツ間の相互作用とビルドプレートの歪みをキャプチャ―
Local Solve Local Solve
変形の予測及び補正シェイプの書き出し
パーツがどのように変形するかを予測し、シミュレーション結果に基づいて自動的にジオメトリを補正
Local Solve Local Solve
サポート材の問題を予測
サポート材のエラーが発生しやすい場所を特定し、サポート材作成プロセスに情報を提供
Local Solve Local Solve
リコータへの衝突の検出
パーツが上方へ歪み、リコータブレードと干渉する可能性がある領域を特定
Local Solve Local Solve
熱処理結果の解析
パーツのアニーリングの前後に、応力の結果表示
Local Solve Local Solve
パーツとサポート材のパラメータ
サポート材とパーツに固有の設定を適用して、製造プロセスを正確に反映
Local Solve Local Solve
ビルドプレートから削除した後の歪みと応力の予測
ビルドプレートから除去した後の溶着パーツの機械応答をシミュレーション
Local Solve Local Solve
ホットスポットと融解不良エリアの特定
ホットスポットが発生するパーツの領域や融合不良が発生する場所を特定
Local Solve Local Solve

 

DED方式のシミュレーション Premium Ultimate Local
Simulation
レーザーベクターファイル(.lsr)の読込み/シミュレーション
Netfabb UltimateまたはPowerMill Ultimateを使用してレーザーベクターファイル(.lsr)を生成
Local Solve
ビルド全体のシミュレーション
レーザーベクターファイルを用いたDEDプロセスのシミュレーションをストレス解析テストを実行
Local Solve

LINE UP



CONTACT 問い合わせ