logo Markforged|カーボンファイバー/金属対応3Dプリンタ

お知らせ&コラム

MENU

NEWS & COLUMN お知らせ&コラム

コラム 2020.06.04 更新

帽子取り付け用フェイスシールドの製作 | 長野県駒ヶ根工業高校

新型コロナウイルス予防対策の一つとして、フェイスガード・フェイスシールドが有効であることは皆さまもご存じかと思います。飛散したウイルスが目・鼻粘膜からも入らないようにつけるもので、マスクと併用することで予防効果が高くなると言われていますが、入手はなかなか困難です。

長野県にあります駒ヶ根工業高校 情報技術科では、3Dプリンタを活用して帽子取付用のフェイスシールドを開発しました。
web上にはフェイスシールドのSTLデータがいくつか無償で公開されており、3Dプリンタがあれば利用できます。
ただ、公開されているデータのほとんどは頭部に直接取り付けるものが多く、3Dプリンタによる出力時に時間と多くのフィラメントを消費してしまうのが課題でした。

そこで駒ヶ根工業高校では、もう少し手軽に利用できるフェイスシールドとして既製の帽子に取り付けるタイプを開発しました。そのSTLデータと製作方法を公開してくださったので、こちらで共有いたします。

透明ガードは何も挟まないで空通ししたラミネートフィルムを利用します。
出力にはフィラメント溶解型3DプリンタのMarkforgedを使用しています。専用ソフトにSTLデータを読み込み、出力データに加工します。
こちらより作成手順の詳細、STLデータのダウンロードをしていただけます。

正常に動作しない場合はお手数ですが下記フォームの情報をまでメールにて送信ください。