お知らせ

帽子取り付け用フェイスシールドの製作とSTLデータの提供(長野県駒ヶ根工業高校様)


新型コロナウイルス予防対策の一つとして、フェイスガード・フェイスシールドが有効であることは皆さまもご存じかと思います。

飛散したウイルスが目・鼻粘膜からも入らないようにつけるもので、マスクと併用することで予防効果が高くなると言われていますが、入手はなかなか困難です。

長野県にあります駒ヶ根工業高校 情報技術科では、3Dプリンタを活用して帽子取付用の フェイスシールドを開発しました。

web上にはフェイスシールドのSTLデータがいくつか無償で公開されており、3Dプリンタがあれば利用できます。

ただ、公開されているデータのほとんどは頭部に直接取り付けるものが多く、3Dプリンタによる出力時に時間と多くのフィラメントを消費してしまうのが課題でした

そこで 駒ヶ根工業高校 では、もう少し手軽に利用できる フェイス シールドとして既製の帽子に取り付けるタイプを開発しました。

そのSTLデータと製作方法を公開してくださったので、こちらで共有いたします。この記事の最後にあるフォームよりお申し込みください。

透明ガードは何も挟まないで空通ししたラミネートフィルムを利用します。

帽子取り付けタイプの利点

1 頭部への固定を既製品の帽子を利用することにより、構造が簡単になり、出力に要する時間と使用するフィラメントが少なくてすむ。
2 つばの先端に固定するために、顔との距離を容易に確保することができ、息苦しさの度合いが低くなる。
3 帽子の調整機構を利用することで頭部へのフィットが容易となり、長時間の装着にも適したものとなる。

などがあります。

フェイスシールド(帽子取り付け用)の作り方

本体の出力

作例は3D CADソフトSolidWorksを利用し設計しています。試作をいくつか行い、現在はVer3となっています。

出力にはフィラメント溶解型3DプリンタのMarkforgedを使用しています。専用ソフトにSTLデータを読み込み、出力データに加工します。

3Dプリンタに転送して、出力します。4時間ほどで完成します。

こちらが出力した フェイスシールド(帽子取り付け用)本体です。

透明シールドの製作

透明シールドはラミネートフィルムを利用します。

透明シールドと本体を接続する穴開け用テンプレートをダウンロード後普通のプリンタで印刷します。印刷の際に、「実際のサイズで印刷」をチェックしてください。

A4サイズラミネートフィルムを準備します。

ラミネータを通して透明化します。機種によっては空通しは控えるようにと記載されている場合があります。その場合は個人の責任においてお試しください。

ダウンロードしたテンプレートの上に重ねて洗濯ばさみなどで挟んで固定します。

パンチの中心に合わせて穴開けパンチで穴を開けます。2カ所4つの穴を開けてください。

完成!

本体の突起に取り付ければ フェイスシールドの完成です。

挟み込みが緩い場合は、紙を挟むなどして厚みを増やしてください。

動画でも説明してくださっています!

データの利用について

フェイスシールドのSTLデータ・取付用のテンプレートのデータを配布しています。
下記のフォームよりお申し込みをお願いいたします。

フェイスシールド(帽子取り付け用)STLデータおよび取り付け用テンプレートデータの著作権は駒ヶ根工業高校 情報技術科 竹内浩一様に帰属します。

自由にダウンロードしてご利用頂くことができます。再配布および印刷配布も自由ですが、このページと共に配布してください。改変することはできません。