logo Geomagic Wrap|点群/ポリゴン対応オートサーフェス化ソフトウェア

logo

製品詳細

MENU

LINE UP 製品詳細

New Version V2021.2

Wrap最新バージョン Ver2021.2のここが新しい!
New Version V2021.2

本バージョンよりGeomagic Wrap for FreeformPlusが GeomagicWrap と統合されました。該当PCで有効なWrapのライセンスが無くても、FreeformPlus(CimLM バージョン)の有効なライセンスがあればWrap for FreeformPlusとして起動します。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

1. 機能改善

1.1) Geomagic Wrap for FreeformPlus

1.1) Geomagic Wrap for FreeformPlus

1.1) Geomagic Wrap for FreeformPlus

本バージョンよりGeomagic Wrap for FreeformPlusが GeomagicWrap と統合されました。該当PCで有効なWrapのライセンスが無くても、FreeformPlus(CimLM バージョン)の有効なライセンスがあればWrap for FreeformPlusとして起動します。
なお Geomagic Wrap for FreeformPlusはFreeformPlus専用ソフトのため、機能が制限されております。

2. 不具合修正

V2021.2では以下の不具合が改善されています。

  • GWR-1200:ポリゴン数の多いSTLファイルをポリゴン数を削減して読み込む際に時間がかかる
    →1.13GB(約 24,000,000 ポリゴン)のデータを読み込んだ場合
    新バージョン:1分30秒 旧バージョン:5分
    →3.5GB (約 75,000,000 ポリゴン)のデータを読み込んだ場合
    新バージョン:8分 旧バージョン: 22分
  • GWR-1199:GettingStarted タブのメニューを操作する際、CPUの使用率が上がる
  • GWR-963:UVを定義ツールとカーブツールを行き来するとソフトがクラッシュする
  • GWR-1223:ポイントオブジェクトの結合後、プロジェクトからプローブしたフィーチャーが失われる
  • GWR-1175:カーブのセクションで作成ツールでフィッティング方法の距離を非常に小さい値にして作成を行うとソフトがクラッシュする
  • GWR-1069:カーブの存在しているメッシュから複製したメッシュ上にカーブを作成するとソフトがクラッシュする
  • GWR-1021:UVを定義ツールでロフトによるマッピングを行う際、複数の開いたループや異なる方向のポリゴンなど不適切なデータを使用するとソフトがクラッシュする

LINE UP

CONTACT 問い合わせ