logo Geomagic Wrap|点群/ポリゴン対応オートサーフェス化ソフトウェア

logo

製品詳細

MENU

LINE UP 製品詳細

Geomagic Wrap

点群/ポリゴン対応 オートサーフェス化ソフトウェア

Geomagic Wrapは大容量の点群データやポリゴンデータを簡単に最適化し、3Dモデル化することが可能なオートメッシュに特化したリバースモデリングツールです。建造物や重要文化財、人体や動物などの3Dモデル化に効果的なコストパフォーマンスに優れたソフトウェアです。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

Geomagic Wrap® は、3D スキャンデータや様々なメッシュデータを後工程で活用できる 3D モデルに変換するための業界最高の機能を提供します。エンジニアリング、エンタ-テイメント、芸術、考古学など、あらゆるジャンルの人々が、Geomagic Wrap を使うことで手軽にリバースエンジニアリングできます。

3D ワークフローを変革する

Geomagic Wrap は点群データから最も簡単で安く、早く、正確に、デザイン・設計・製造・芸術などで活用できる 3D ポリゴンやサーフェスモデルを構築します。3D デジタルスレッドの中核として、3D プリンタや切削、アーカイブなど様々な 3D データ活用の橋渡し役となるツールです。

Geomagic の先進的なサーフェス変換ツールは、完璧な 3D モデルを作るための強力で使いやすい新たなモデリング手法を提案します。スクリプトとマクロでリバースエンジニアリングプロセス上の繰り返し作業を自動化することも可能です。

使える 3D データを正確に、簡単に

Geomagic Wrap は、点群、プローブデータ、様々な 3D フォーマット(STL、OBJ など) をすぐに使えるように 3D ポリゴンメッシュやサーフェスに変換します。ノイズ除去やサーフェス化など、複雑な処理も簡単・確実に実行できるような独自の自動化ツールを備えています。3D スキャンの色情報も編集して管理したり、テクスチャとして保存して色つきで 3D プリントしたりできます。

主要な特徴

Geomagic Wrap は高品質な 3D モデルを素早く構築するために必要な機能群をひととおり搭載しています。

  • 業界で最も多くの非接触 3D スキャナとプローブをサポート
  • 点群処理と 3D スキャンデータに忠実かつ高速なポリゴン化ツール
  • ノイズの多いスキャンデータから高品質なポリゴンを作成する強力な再メッシュツール
  • 穴埋め、スムージングなど完璧なモデル作成に役立つポリゴン編集ツール群
  • 3D プリンティングから製造まで、Geomagic Wrap からのデータをそのまま使用可能
  • NURBS パッチレイアウト、精度、連続性などサーフェス品質を調整しながら変換できる業界最高のサーフェス化ツール
  • スキャンデータをデザインに活用するためポリゴンデータからの特徴線抽出
  • パッケージソフトでありながらカスタムや自動化を実現する強力なスクリプトツール
  • 手軽で素早い高精度な自動サーフェス化
  • 豊富なファイル出力サポート:WRP, IGES, X_T, SAT, PRC, STEP, VDA, NEU, 3DS, DXF, OOGL. LV, PLY, STL, WRL, OBJ

主要な産業

  • 航空宇宙
  • 重工業
  • メディカル
  • 自動車
  • エレクトロニクス
  • 金型
  • コンシューマ向け製品
  • 考古学
  • 芸術/エンターテイメント
  • 研究および教育

ワークフロー

スキャン
スキャナやプローブを使って、実物の形状データを取り込み

データ処理
メッシュデータのエラーや ノイズ、穴などを修正

3D プリント
3D プリント、CNC、その他後工程へ出力
写真提供:USF AIST
スキャン
スキャナやプローブを使って、実物の形状データを取り込み
メッシュ
メッシュデータのエラーや ノイズ、穴などを修正
サーフェス
メッシュデータをサーフェスに変換して、他のCADソフトに転送
スキャン
スキャナやプローブを使って、実物の形状データを取り込み

メッシュ
メッシュデータのエラーや ノイズ、穴などを修正

レンダリング
映画の特殊効果やプレゼンテーションに活用
写真提供:Craig Crane

機能

スクリプティングツール

スクリプティングツール

アプリ内スクリプティングや、マクロの作成や編集の機能を備えがスクリプティングエディターを使用して、独自のスクリプトやマクロを実行したり、特殊な用途に合わせてワークフローをカスタマイズしたりします。

実際のスクリプディングツールの動作。

  • カスタムまたは専用の機能への接続性を追加できます。
  • Geomagic Wrap の標準外の Geomagic Wrap モデルに計算を追加します。
  • アプリケーション内の反復操作を自動化します。
  • ダイアログボックスを追加してスクリプトを実行したり、独自の機能をアプリケーションに追加したりします。
  • サードパーティのライブラリをインポートして、スクリプティング環境を拡張します。
  • アイコンからカスタムリボンのワークフローを作成して、スクリプトを起動できます。
  • IntelliSense™、コンテキストの強調表示、折りたたみ可能なテキストブロックなど、90 種以上の内蔵機能を利用できます。
  • マクロの記述や作成について、出力ウィンドウからヘルプやドキュメントにアクセスできます。
  • Geomagic Wrap や 3D Systems カスタマーサポートセンターから、API ドキュメントにアクセスできます。

Geomagic Wrap は、Python® スクリプティング言語に対応しています。

検査ツールおよび分析ツール

検査ツールおよび分析ツール

オブジェクトを測定して比較

  • 偏差と曲率スペクトラムを管理してカラーコード化されたマッピングを生成し、オブジェクトを比較します。
  • 距離、体積、重心、領域を測定します。

オブジェクト間の 3D モデルを保持する分析機能で、プロセスを容易に調整、検証、確認できます。

  • 比較で注釈を使用して、モデル領域をさらに詳しく調査します。
  • 現在の 3D 比較をもとにモデルで作業しながら、過去の 3D 比較をモデルマネージャーで参照できます。

実際の注釈と比較の動作。

テクスチャマッピングツール

テクスチャマッピングツール

テクスチャリングツールでカラーやテクスチャを含むワークフローを合理化します。後工程での使いやすさを考慮した、より上質でよりロジカルなテクスチャマップを作成します。

  • UV テクスチャマップの作成と合理化されたテクスチャワークフローにより、領域の UV レイアウトを定義します。
  • モデル上で独自のテクスチャ分類を制御できます。
自動サーフェース

自動サーフェース

Auto Surfacing (自動サーフェス作成) 機能を使用して、サーフェスパッチをメッシュに一致させたら、ボタンをクリックするだけでサーフェスボディを作成できます。これは、複雑なフリーフォーム部品の設計、フリーフォーム形状の製造用モデルデータの作成、幾何学形状の分析に非常に重要です。

自動サーフェス作成機能で、対象メッシュの幾何学形状全体を覆うサーフェスボディを作成します。これには 2 つの方法があります。

  • 機械的:フィーチャに基づく曲線ネットワークを構築することで、対象メッシュのサーフェスボディを作成します。
  • 有機的:均等に分散された曲線ネットワークを投影することで、対象メッシュのサーフェスボディを作成します。

最小限のユーザー操作で、NURBS モデルを作成します。インテリジェントなパッチネットワークツールでは、クワッド (4 辺) パッチフィッティングか T 字型接合を選択して、3D パッチネットワークをメッシュ全体で構築します。また、ネットワークで制御点を一致させることで、連続した NURBS サーフェスを作成します。下記の便利な作業を実施できます。

  • メッシュ全体から NURBS モデルを作成する。
  • 複雑な部品のサーフェス作成を補助する。
  • 複雑でモデル化が難しいメッシュから NURBS モデルを作成する。
スキャナを直接制御

スキャナを直接制御

Geomagic Control X、Geomagic Design X、Geomagic for SOLIDWORKS、Geomagic Wrap へスキャンデータを直接取り込めます。

3D Systems の Geomagic Design X リバースエンジニアリング用ソフトウェアと高性能スキャナを使用したリバースエンジニアリングの動作を収めたビデオシリーズをご視聴ください。

Geomagic for SOLIDWORKS は、FARO®、 Hexagon®、Artec®、Creaform®、Nikon®、Geomagic Capture® など、主要なスキャナに対応しています。

Geomagic Control X、Geomagic Design X、 Geomagic Wrap では、3D スキャナ制御ツールを直接使用できるほか、市販されている各主要スキャナのファイルを間接的にインポートできます。

HDメッシュ構築

HDメッシュ構築

点群からのポリゴンオブジェクトの構築は、情報が欠けたり、大容量のデータセットに時間がかかったり、スキャンでは特に困難な作業ですが、この機能を使用して、すきのないメッシュを短時間で作成します。

実際の HD メッシュ構築の動作。

マクロ

マクロ

スキャンを処理する自動マクロと充実のマクロドキュメントを使用して、日々のワークフローをスピードアップします。マクロを使用して、連続する動作を記録、操作、再生します。

スキャンから CAD の自動サーフェス作成まで、タービンブレードの処理を容易に自動化。

マクロの使用例

  • コンピュータリソースの使用量が比較的少ない時にジョブを処理する。
  • 分単位で介入および監視することで、コンピュータリソースのアイドリング状態を回避する。
  • 最適化された処理を他のユーザーと共有する。
  • コンピュータリソースを最大化して、マシンの原価償却を促進する。
寸法ツール

寸法ツール

Geomagic Control X 検査および測定用ソフトウェアから着想を得た Geomagic Wrap には、スキャン部品を素早く計測できる基本測定ツールが搭載されています。

部品の断面をカットして、角度、線形、半径の寸法を作成できます。

正確なサーフェス作成ツール

正確なサーフェス作成ツール

豊富で正確な Exact Surfacing (正確なサーフェス作成) ツールにより、サーフェス品質とレイアウトをより詳細に制御できるほか、NURBS のパッチレイアウト、サーフェス品質、連続性を全面的に制御できます。

3D ファイルのエクスポート

3D ファイルのエクスポート

シミュレーション、鋳造、製造などの後工程で使用できる正確な 3D データを即座にエクスポートします。Geomagic Wrap では、WRP、IGES、X_T、SAT、PRC、Step、VDA、NEU、3ds、dxf、oogl、iv、ply、stl、wrl、obj など、さまざまなファイルフォーマットでエクスポートできます。

参照幾何形状ツール

参照幾何形状ツール

さまざまな入力の組み合わせで参照平面、ベクトル、座標系、ポリライン、点を抽出します。参照形状ツールには、基本図形の作成や図形の編集に必要な数多くのコマンドが含まれています。

  • 平面:参照平面を作成します。作成した参照平面は、2D スケッチの製図用のスケッチ平面として、または、エンティティを切り取るための切断平面として使用します。
  • ベクトル:参照ベクトルを作成します。作成した参照ベクトルは、回転フィーチャを作成する際の回転軸として使用します。
  • 座標系:参照座標系を作成します。作成した参照座標系は、モデルを別の座標系に変換するためのローカル座標系として使用します。
  • 点:参照点を作成します。作成した点は、円形フィーチャの中心位置として使用します。

さらに、参照形状はエクスポートすることもできます。

3D ファイルのインポート

3D ファイルのインポート

メッシュモデリングとリバースエンジニアリングの第 1 ステップは、スキャンデータをインポートすることです。数々のスキャナタイプと製造メーカーおよび他の Geomagic ソフトウェアアプリケーションから、3D ファイルを標準メッシュフォーマットや多様なスキャンデータフォーマットでインポートします。ポリゴン、点群、CAD など、一般的なすべてのファイルフォーマットから選択できます。

ボリューム彫刻

ボリューム彫刻

3D プリントモデルでは、表層の彫刻を視覚的に再現することが難しいことがあります。DFX ベースの英数字をラベルとして部品の表面下に追加し、3D プリント中にサポート材料や部品の二次材料で下層の彫刻を充填することで、くっきりしたコントラストにより視認性を高めます。

点群処理ツール

点群処理ツール

点群処理ツールにより、大量のメッシュや点群データの位置の調整、処理、メッシュ構築の改善を専門的に処理します。

点群の編集機能

  • 点群のノイズ/ノイズ様クラスターにフィルターをかけます。
  • 点群のサンプルを抽出します。
  • 点群をなめらかにし、粗さを軽減します。
  • 一定の距離で点群をオフセットします。
  • カラースキャン処理により、メッシュの色彩テクスチャーを自動で処理します。

点群と他のエンティティ間の変換

  • 部分的な点群からポリフェースメッシュを構築します。
  • 他のエンティティを点群に変換します。
  • 元の点群から点群を分離します。
形状の展開

形状の展開

  • 複雑な円筒形状をフラット化 (アンロール) して、より詳細な分析を実施します。
  • 点群やポリゴンにアンロールを使用して、平面的な表示により視認性と作業プロセスを改善できます。
  • 円筒形状の製品をアンロールして、回転装置から設計意図を抽出します。

Geomagic Wrap は、シンプルな XYZ/ASCII フォーマットはもちろんのこと、 世界中の 3D デジタイザやカメラ、スキャナのオリジナルフォーマットをサポートします。

  • 3PI – ShapeGrabber
  • 3DS – 3D Studio
  • AC – Steinbichler
  • ASC – generic ASCII
  • BIN, SWL – Perceptron
  • BRE – Breuckmann
  • BTX – Surphaser
  • CDK, CDM, RGV, RVM, VVD – Konica Minolta
  • COP – Pulsetech
  • CWK – Kreon
  • DBT – Digibotics
  • FLS – Faro LS
  • G3D, SURF – GOM
  • GPD – Geomagic
  • GTI – Genex
  • HYM – Hymarc
  • ICV – Solutionix
  • IV – OpenInventor
  • IQMOD, iQWSP, iQSCAN – IQvolution
  • MET, MTN – Metron
  • MPC, TOC – MantisVision
  • NAS – Nastran
  • NET – InSpeck
  • OPD – Optimet
  • OPT – Open Technologies
  • PCN – LDI
  • PCT – Vialux
  • PIX – Roland
  • PTX – Leica
  • SAB2 – Nikon
  • SCN, MGP – Laser Design
  • SCN – Next Engine
  • SNX – Solutionix
  • SWL – ScanWorks Light
  • VDA – VDA
  • VVD – Vivid
  • XYZ – Opton
  • XYZN – Cognitens
  • ZFS – Zoller & Frohlich

入力/出力

  • 3DS
  • OBJ
  • DXF
  • PLY
  • STL
  • LWO
  • VRML
  • WRP
  • VTX, ASC
  • IGES
  • STEP
  • Parasolid
  • Pro/ENGINEER
  • SAT

LINE UP

CONTACT 問い合わせ