logo WORKXPLORE|生産現場向け 3D エンジニアリングビューワ

Artec Leo

加工現場に必要なCAD情報の
簡単操作で可視化と共有化を実現
加工現場に必要なCAD情報の
簡単操作で可視化と共有化を実現

世界中の製造現場からの意見を取り入れて開発したWORKXPLOREは、ビューワとしての検証、測定機能はもちろんのこと、CADデータをコアとして設計者から加工現場への情報伝達、取引先との情報交換など、モノづくりに携わる全ての関係者の間で情報を共有できるツールです。
  • CADオリジナルデータを利用し、高速表示・高精度測定・多彩な形状検証機能をもつスマートエンジニアリングビューワです。


    世界中の製造現場からの意見を取り入れて開発したWORKXPLOREは、ビューワとしての検証、測定機能はもちろんのこと、CADデータをコアとして設計者から加工現場への情報伝達、取引先との情報交換など、モノづくりに携わる全ての関係者の間で情報を共有できるツールです。

  • WORKXPLOREは、測定や高度な形状検証が可能

    さらに、アンダーカット領域、平面サーフェス、厚さ、体積、サーフェス、重量を確認でき、断面をダイナミックに表示できます。

    寸法測定値や形状計測値、注釈、ラベルなどを3Dモデル上に直接配置できるため、2D図面の代わりに使用する事で、社内におけるペーパーレス化を促進することができます。

    また、保存データのサイズが小さいので、インターネット経由で簡単にデータが転送でき、3D形状やアセンブリファイルを子会社、取引先、同僚などに送信することができます。データの受信者は、受信した3Dモデルの表示と操作をビューワソフトのインストールなしで実行することも可能です。

  • 機能概要

    ユーザーインターフェース
    WORKXPLOREは、わかりやすく実用的なインターフェイスなので、ほとんどの主要な機能にホーム画面から直接アクセスすることができ、すぐにソフトウェアを立ち上げて運用することができます。

    ファイルの高速インポート/エクスポート
    WORKXPLOREは、さまざまなCADアプリケーションから出力されたファイルを使って、仮想のアセンブリデータや3Dモデルを作成できます。ユーザー様は、実際のプロトタイプを製作する前に、モデル上での検討と修正作業を行うことができます。

    測定
    CADの熟練者でなくても、事前選択モード(ポイント、2D要素、平面、サーフェスなど)を使用すれば、測定機能を使用して、適切な結果を得ることができます。

    注釈
    今まで2D図面から読み取っていた寸法測定値や形状検証値を直接3Dモデルデータより読み出すことができます。

    形状検証
    WORKXPLOREは、通常高価なCADにしか搭載されていないさまざまな形状検証機能が搭載されています。さらに、高速かつ効率的に機能するだけでなく、非常に使いやすいシステムです。

    アニメーション
    WORKXPLOREのアニメーション機能では、アセンブリの分解ビューの作成やアニメーション動作が可能です。アニメーションは、移動、回転、ガイドカーブに沿うような基本動作を簡単に作成することが可能です。

    ドキュメント作成
    WORKXPLOREは、スクリーンキャプチャを作成し、技術文書内にアセンブリモデルなどの画像を挿入できます。また、イメージコレクター機能で、大量の画像データを簡単に一括管理することが可能です。

    スクリーン
    スクリーン機能は、専門知識を持つ担当者が情報を登録し、それをCADの熟練者ではないスタッフでも簡単に閲覧可能で、スタッフ間のコミュニケーションツールとして活用できる重要なツールです。

    クライアントビューワ
    WORKXPLOREのクライアントビューワは、製品マネージャー、マーケティング、営業、外部の製造コンサルタント、取引先、サプライヤーなどに関係なく、すべての設計製造部門で、プロジェクトメンバーとCADモデルを簡単に共有できます。

LINE UP



CONTACT 問い合わせ