logo WORKXPLORE|生産現場向け 3D エンジニアリングビューワ

LINE UP 製品詳細

WORKXPLORE

エンジニアリング3D-CADビューワ
WORKXPLORE

世界中の製造現場からの意見を取り入れて開発したWORKXPLOREは、ビューワとしての検証、測定機能はもちろんのこと、CADデータをコアとして設計者から加工現場への情報伝達、取引先との情報交換など、モノづくりに携わる全ての関係者の間で情報を共有できるツールです。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

加工現場の3D情報可視化へ
エンジニアリング向けクライアント3Dビューア

加工現場の3D情報可視化へ<br>エンジニアリング向けクライアント3Dビューア

加工現場の3D情報可視化へ
エンジニアリング向けクライアント3Dビューア

WORKXPLOREは製造業務フローを円滑にするための3Dモデルビューワです。
製造現場で使用する3Dモデルデータを各部署で共有し、円滑な情報共有、業務フローの推進を実現します。 従来のビューワにはない正確な寸法測定機能や最新の描画エンジンを使用した軽快な動作が特徴です。今までのビューワと比較すると下記の面が強化されています。

  • 大容量モデルのスムーズなビューイング
  • B-repモデルによる高精度な測定
  • WORKNCとの連携を考慮したインポータを装備

SPEC 技術仕様

機能・仕様

主な機能

形状測定機能

表示用モデルとは別に、内部で寸法測定用モデルを使用しているため高精度な測定が可能です。 測定結果の寸法ラベルは自動的に回転し常に表向きに表示されます。


B-repモデルを使用した高精度な測定機能

形状寸法や3Dラベル(注釈)を3Dモデルに追加。 取引先への指示や他部署への指示をビジュアルでわかりやすく行う事が出来ます。

3Dラベル(注釈)機能

形状寸法や3Dラベル(注釈)を3Dモデルに追加。 取引先への指示や他部署への指示をビジュアルでわかりやすく行う事が出来ます。


検証機能

単純な形状部の測定のみではなく、指定したRや抜き勾配で形状特性をビジュアル的に確認が出来ます。 また、3次元測定機の測定データを読み込み、オリジナルのCAD形状と比較、測定ポイントデータの作成・出力が可能です。 製造指示や加工工程検討を強力にサポートします。


形状断面表示

検証機能

検証機能

部品または複雑なアセンブリ形状の断面を表示できます。断面のカーブを作成し、DXFやIGES(※オプション)データとして出力可能です。

フィレット半径と平面検証

フィレット半径と平面検証

測定したフィレット半径や平面部を色分け表示できます。任意の位置のフィレット半径値を表示可能です。

バンダリーボックス

バンダリーボックス

加工に必要な素材形状の寸法をワンクリックで表示、素材の密度や単価を設定しておくことで、素材重量と素材コストを算出できます。

穴埋めなど簡易CADを搭載

穴埋めなど簡易CADを搭載

簡易的なCAD機能を装備し穴埋めなどCAM前作業を分散化が可能です。

CADモデル情報

CADモデル情報

BREPモデルの情報を元に、全体のサーフェス数や表面積、サーフェスごとの詳細情報を検証可能です。

角度・アンダーカット表示

角度・アンダーカット表示

角度ごとに形状の色分け表示ができます。クリックして特定部分の角度表示を形状に配置でき、金型設計前の事前検討が可能です。

形状比較

形状比較

新旧のCAD形状を自動比較し、変更があった箇所の追加・削除の色分け表示や、寸法差を数値表示など、 ビジュアル的に確認が出来ます。

 

 

下流工程への確実な情報伝達

スクリーン

スクリーン

最適な視点方向を作成し、保存することにより、他の作業者でも指示者の視点から注意事項を確認することができます。 スクリーンは複数作成することができるので、情報ごとに最適な視点方向で表示・確認できます。

アニメーション・干渉チェック

アニメーション・干渉チェック

アセンブリ部品の動作シミュレーション、3Dモデルの組立・分解手順アニメーションなど、 可動部品の動きをアニメーションで表現する事が可能です。 同時に各部品の干渉チェックも行い、設計検討時の確認・修正に活用できます。 また、干渉チェックや部品間の最短距離を表示し、チェックの結果をムービーファイルとして出力可能です。

ドキュメント作成

ドキュメント作成

スクリーンキャプチャを作成し、Wordなどの技術文書にモデル画像を挿入することができます。また、イメージコレクター機能で、大量の画像データを一元管理することができます。

WORKNCとの強力な連携機能

WORKNCとの強力な連携機能

WORKNCのワークゾーン情報を読み込み、工具軌跡や使用工具、パラメータの確認が可能で、WORKNCのない現場でのツールパス確認に使用できます。

動作環境

最新版V2021 推奨動作環境

   
OS Windows10 Professional 64bit ※Windows7(32bit/46bit)、Windows8.1(32bit/46bit)、Windows10(32bit)はサポート対象外です。
CPU Core 2 Duo(2GHz)以上/Intel Xeon(2.66GHz)以上
HDD 250GB以上(作業スペース含む)
メモリ 4GB以上
グラフィックス OpenGL3.3対応グラフィックカード(ビデオメモリ2GB以上) ※Intelのチップセットは推奨しません
モニタ 解像度1280×1024以上
マウス スクロール・ホイール付き(または3ボタンマウス)

標準対応のインターフェース

IGES
Uni-surf
STEP
Vero transport files
EDGE CAM
PC-DMIS CAD Files
STL
OBJ
PLY
MEG
Acis
JT
DXF
DWG
CATIA V4
CATIA V5
CATIA V6
NX
Creo
SolidWorks
Parasolid
Inventor
WORKNC
CADDS
VDA

標準対応(エクスポート)

DXF
STL
OBJ
PLY
3D PDF
JT
MEG
WORKNC
IGES
STEP
PC-DMIS CAD

 

※V2021にて対応している各種インターフェースのバージョン一覧は、こちらよりご確認ください。

LINE UP



CONTACT 問い合わせ