logo

導入事例

MENU

CASESTUDY 導入事例

プロトタイプ・モデル

2020.10.15 更新

Artec Leo

自動CAD/CAMシステムのWORKNCは、ラピットプロトタイピングに代わる強力なツールです。
このツールはモデル作成の追加機能として、直接小ロットの部品とモデルの加工を行います。
プロトタイプは、機能性や外観を正確に評価できる樹脂や成形用の素材で作られます。
WCADモデルを直接使用して作業する場合、WORKNCは成形や加工を容易にするためにパーティングラインを作成したり勾配角度を検証したりすることができます。
このソフトの自動プログラミング機能は、工具とホルダーの干渉を回避しながら短時間でツールパスを作成します。

一般的にラピットプロトタイピングでよく使用される5軸のマシニングセンタ用には、WORKNC Auto5で3軸ツールパスを5軸ツールパスに変換が可能なため、1回のセッティングでパーツの大部分を加工できます。
さらにWORKNCはツールパスの信頼性に定評があり、生産時間を最小限に抑え、手磨きの手間を省き、コスト削減を可能にします。

CONTACT 問い合わせ