logo Fusion 360 with Netfabb|3D積層造形向け設計/解析ソフトウェア

NEWS & COLUMN お知らせ&コラム

お知らせ 2020.10.12 更新

HP Digital Manufacturing Summit 2020で講演を行います。

この度、10月26日(月)~10月30日(金)にオンライン上で開催される「HP Digital Manufacturing Summit 2020」に我々データ・デザインも参加することとなり、下記の内容で講演を行います。

タイトル:『3Dプリンティングにおけるソフトウェアの本当の役割』

概要:3Dプリンティングにおいてソフトウェアによるデータ作りは非常に重要ですが、立上げから収益化へ進むに連れて要件・要望は変化していきます。その変化に対応し、3Dプリントビジネスの要求にこたえることが、ソフトウェアに求められていると考えます。今回はNetfabbをはじめとするAutodesk製品の機能を紹介しながら、ソフトウェアのあるべき姿と活用についてご説明し、皆様のビジネスのヒントをご提供できればと思います。

「HP Digital Manufacturing Summit 2020」の詳細・お申込みは下記の通りです。

製造業に従事され、3D プリンターの導入を検討されている方、ご興味のある方は是非ご参加ください。

昨今の新型コロナウイルス感染症拡大により、製造業には抜本的な変革が求められており、経営戦略としての「ものづくりのデジタル化(デジタルマニュファクチャリング)」の移行が重要な課題となっています。

部品や材料の調達が不安定な中でも、3Dデータならびに3Dプリンターを活用してお客様に継続的に製品を供給できる、リスクに強いサプライチェーンを構築することは急務であり、また、お客様からのニーズが多様化する中で、いかに生産性とコスト競争力を維持しながら多品種少量生産に対応していくかも合わせて取り組むべき課題です。

本サミットでは、HP製3Dプリンター「Jet Fusionシリーズ」を活用したデジタルマニュファクチャリングの国内外の成功事例を幅広くご紹介する他、HPの最新のソリューションを発表いたします。
また、皆さまのデジタルマニュファクチャリングへのスムーズな移行、そして持続的なビジネスの成長をご支援させて頂くソリューションの数々をご紹介いたします。

本サミットが、皆さまのものづくりに革新を起こす一助となれば幸いです。

【開催概要】
■イベント名:HPデジタルマニュファクチャリング サミット 2020 ― 経営戦略のための3Dプリンティング適用 ―
■主催:株式会社 日本HP  3Dプリンティング事業部
■会期:2020年10月26日(月)~10月30日(金)
■会場:オンライン(事前登録していただければ、会期中はいつでもご視聴いただけます)
■参加費:無料(事前登録制)
■ 講演セッション:
・基調講演:パナソニック株式会社
・スペシャルパネルディスカッション:日産自動車株式会社、SOLIZE Products株式会社、日本HP
・ HP特別講演: OUI株式会社、サンリーブ株式会社、ラピセラ株式会社、日本HP
・ソリューションセッション:
– オートデスク株式会社/株式会社データ・デザイン
– シーメンス デジタルインダストリーズ ソフトウエア
– デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
– Nature Architects株式会社
– マテリアライズジャパン株式会社
– 八十島プロシード株式会社
■ 協力:
・金属技研株式会社
・株式会社グラフィック
・産業技術短期大学
・合同会社DMM.com
・株式会社データ・デザイン
・武藤工業株式会社
・リコージャパン株式会社

参加申し込みおよび詳細はこちら▼
https://www.itmedia.co.jp/mn/special/mo201099/index.html



CONTACT 問い合わせ