logo Freeform|3D触感型デジタルクレイモデラ

logo

製品詳細

MENU

LINE UP 製品詳細

Geomagic Freeform

感覚的なデザインを自由に表現する プロフェッショナルモデラ
Geomagic Freeform

感覚的なデザインを自由に表現するプロフェッショナルモデラ「Geomagic Freeform」とは

Geomagic Freeform はサーフェス、ソリッドではなく粒子(ボクセル)による表現技術を利用し、デザイナーが感覚的に表現したい形状や、細部にわたる高度な表現要求に対応することができる3次元モデラです。 宝飾や玩具、陶器、アミューズメント、キャラクターなどのデザイン性の高い分野をはじめ、自動車や家電メーカーのデザイン部門、また医療分野などに導入されています。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

直感的な表現力と繊細なコントロール

直感的な表現力と繊細なコントロール

直感的な表現力と繊細なコントロール

Geomagic Freeformでは従来の視覚的な要素に加え、触覚を使うことでコンピューター上のデザインモデルを3次元的に認識することが可能です。
ペン型インターフェース(Geomagic Touch/Geomagic TouchX)を使用してパソコンの画面の3Dモデルに触れると、モニターに映し出された物体に「触れる」ように手元に感触が伝わってきます。
まるで粘土を造型するかのように、物体を削ったり、伸ばしたりすることができるのです。これにより従来のCADに存在していた、機能的制限、技術的制限を取り除き、モデリングが困難とされていた形状を表現することが可能です。
さらにサーフェス、ソリッドのCADエンジンを搭載しており、ボクセルだけでは苦手とされる数値制御なども可能になり、機械設計などにも適用できます。

イメージをダイレクトに表現することで驚くほどスムーズな製品化が実現

デザイナーが思い描いている構想やイメージ/スケッチ画像、または実在するリアルな物体をスキャンしたデータを用いたり、機械系CADで設計したモデルを読み込み、「デジタルクレイモデリング」と呼ばれる直感的なモデリングフローを実現します。Geomagic Freeformでデザインした3Dモデルは、そのままマーケティングや試作開発、設計・解析につなげることも、自動面張り機能を用いて3D-CADモデルとしてリバースモデリングを行い量産金型へとつなげていくことも可能です。

ボクセルについて

ボクセルとは、ピクセルに体積を付加した物で、ピクセルとボクセルを掛け合わせ混成語です。
FFにおけるボクセルとは体積を持った粒子のようなもので、ボクセル同士が密集することでモデルを構築します。
このボクセルで構築されたクレイモデルを使用することで、ソリッドやサーフェスなどのCADデータでは表現することが出来ない複雑な形状の再現が可能です。

バーチャルな物体に「触る」ということ

ペン型ハプティックデバイスを操作

インターフェース

Geomagic Touch

インターフェース:USBポート
本体サイズ:200x450x230(mm)
位置分解能:0.055mm
重さ:2040g

Geomagic TouchX

インターフェース:USBポート
本体サイズ:160x450x240(mm)
位置分解能:0.023mm
重さ:3540g

SPEC 技術仕様

多彩なマルチモデル変換モデリング

ボクセル、サーフェス、ソリッド(入力)の3つのカーネルを搭載し、ハイブリッドなマルチモデリング環境で自然界に存在するあらゆる形状表現が可能です。

ボクセルモデリング機能

従来のCADソフトウェアには無い彫刻、成形、装飾などのツールによって、自由で直感的にデザインを作成することが可能です。

 

 

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

代表的な機能

 

クレイ作成

作成した2Dスケッチに沿ったモデルの作成やモデルのミラーリングなど、クレイの作成に関する機能です。

  

 

クレイを彫る

クレイを自由に彫ったり削ったりする機能や、モデル全体または部分的に滑らかにするなど、クレイの編集を行うことが出来る機能です。

 

 

クレイの装飾

画像からエンボスを作成する機能やフィレットの追加など、クレイに装飾を追加する機能です。

 

 

クレイの変形

クレイを引っ張ったり捻ったりするなど、クレイを自由に変形することが出来る機能です。

 

Freeform Plusの機能

モールド機能

抜き勾配作成/アンダー部自動埋め機能や合わせ面作成、型分割機能など、作成したクレイモデルから型分割やパーティングサーフェスを作成することが出来る機能です。 作成したサーフェスなどはCADデータとして出力が可能なため、CAMソフトなどで活用していただくことが可能です。

 

  

  

DICOMデータのインポート

DICOMデータの読み込みクレイへ変換することが出来ます。これにより、専用のDICOMデータ変換ソフトを使用することなく、FreeformPlus内で直接3Dモデル化することが可能です。
またデータはクレイデータに変換されるため、そのままFreeform内で編集することが可能です。

  

  

Dynabot

Dynabotでは、自分の行った操作内容マクロとして保存し、記録した操作を自動で再生することが可能です。
これにより、モデルが変わっても自動で同じ操作を再現することができるため、反復作業の工数削減を実現することができます。

その他の機能

自動サーフェス

作成したクレイモデルを自動サーフェス機能にてサーフェス化を行い、IGES/STEP/Parasolid(Plusのみ)の形式にて出力します。

オフセット

選択したピースのオフセット処理が可能な機能です。ボクセルを使用していることにより、どのような形状でもエラーなくオフセット処理が可能です。

Keyshot for Freeform

高品質を追求した誰でも簡単に使用可能な3Dリアルタイムレンダラーです。Freeformで作成したモデルを使用し、クレイモデルから実写に近いイメージを創り出します。詳細はこちら

インターフェースとソフトウェア対応表

  Freeform with Touch Freeform with Touch X Freeform Plus with Touch Freeform Plus with Touch X
彫刻・スムージング
押し出し/回転形状の作成
クレイの変形
ラティス構造の作成
アンダーカットの自動修正 × ×
パーティングサーフェス作成 × ×
操作の記録/再生(Dynabot) × ×
DICOMデータ読み込み × ×

入力インターフェース(赤字はFreeformPlusのみ対応)

STL(.stl)/OBJ(.obj)/PLY(.ply)/IGES(.igs .iges) ※カーブを含む/STEP(.stp .step)/PositionFile(.xml)/
クレイファイル(.cly)/PalaSolid(.x_b .x_t)/ SolidWorksPartFile(.sldprt)/DICOM(.dcm .dc3 .dic)

Bitmap(.bmp)/JPEG(.jpg .jpeg)/PNG(.png)/Photoshopファイル(.psd)/スケッチファイル(.skh)/
Adobeillustratorファイル(.ai)/AdobeAcrobatファイル(.pdf)/AutocadDXFファイル(.dxf)/

出力インターフェース(赤字はFreeformPlusのみ対応)

Bynary・AsciiSTL(.stl)/OBJ(.obj)/PLY(.ply)/VRML(.wrl)/IGES(.igs) /STEP(.stp .step)/PositionFile(.xml)/
クレイファイル(.cly)/Keyshotファイル(.bip)/U3Dファイル(.u3d)/PDFファイル(.pdf)/
3MFファイル(.3mf)/PalaSolid(.x_b .x_t)/ SolidWorksPartFile(.sldprt)/DICOM(.dcm .dc3 .dic)

スケッチファイル(.skh)/Adobeillustratorファイル(.ai)/AutocadDXFファイル(.dxf)

動作環境

  最小スペック 動作推奨(確認済み)スペック
OS Windows8.1、Windows10(すべて64bit) ※仮想環境を使用した構成はサポートされていません Windows8.1、Windows10(すべて64bit) ※仮想環境を使用した構成はサポートされていません
CPU 2.5 GHzのIntel®プロセッサー 3 GHz以上の複数コアプロセッサ
メモリ 16GB以上 32GB以上
HDD空き容量 8GB以上 8GB以上
モニター解像度 1920×1080以上 1920×1080以上
グラフィックスボード Nvidia Quadroシリーズ OpenGL 3.0以上 Nvidia Quadroシリーズ OpenGL 3.0以上
インターフェース USBポート USBポート

 

動作確認済みグラフィックボード:NVIDIA Quadro P620/NVIDIA Quadro P1000/NVIDIA Quadro P2000/NVIDIA Quadro P4000/NVIDIA Quadro P5000/NVIDIA Quadro P6000/NVIDIA Quadro RTX 4000/AMD Radeon Pro WX 7100/AMD Radeon Pro WX 5700/AMD Radeon Pro WX 5100/AMD Radeon Pro WX 3200

LINE UP



CONTACT 問い合わせ