logo Markforged|カーボンファイバー/金属対応3Dプリンタ

導入事例

MENU

CASESTUDY 導入事例

製造業

アームの先端工具

Dixon-Metal社

2021.05.19 更新

Artec Leo

会社- Dixon Valveはホース固定具と付属品における有数のメーカーでありサプライヤーです。
問題- 鋭利なスレッドの磨耗に対処するため、このジョーは金属製でなければなりません。
ソリューション- Dixonは機械加工で必要とされるコストのほんの一部のコストによってジョーをプリンターにより造形しました。
改善点- Dixon Valve はこれらのジョーをプリンターで造形することにより18倍ものコスト削減ならびに3.5倍もの時間短縮を実現しました。

金属の利用

Dixon Valveは多くのロボットアームに対しアーム先端工具(EOAT) を製造するためにMarkforgedの複合材料用3Dプリンターを長らく利用してきています。しかしながら、磨耗しやすい表面を把持するグリッパをプリンターで造形することができませんでした。これらのグリッパが把持するスレッドは熱可塑性プラスチックと同等の表面硬度を持つプリンターが造形した複合材料の部品を短期間で磨耗させます。グリッパを Metal X により3Dプリンティングすることにより、Dixon Valveは部品の耐久性を犠牲にすることなく3Dプリンティングがもたらす同等のメリットを享受しているのです。

PDFダウンロード >



CONTACT 問い合わせ