製品概要

D2P – DICOM – toPRINT

CTやMRIのデータを手軽にモデル化、 3Dプリンティングをこれまでになく身近なものに。


D2Pは、CTやMRIなどで撮影した医療用画像フォーマットであるDICOMデータを設計し、VR、積層造形等に活用するための3Dモデルデータを生成するためのソフトです。

このソフトウェアは患者ごとのモデル作成に費やす作業量と時間を最小限にする固有の自動セグメンテーションツールが大きな特徴です。

また、骨、歯、血管等の組織ごとにモジュール管理し、全ての作業工程を1台のワークステーションで準備できます。次のデジタルプロセスに活用できるよう様々なファイル形式で3Dデジタルモデルをエクスポートできるよう設計されています。


DICOMとは?

D2P – Digital Imaging and COmmunications in Medicine

CTやMRIなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医用画像機器間の通信を定義した国際標準規格

DICOM画像から3Dモデルを作成

関心領域を選択して、3Dモデルに変換

3DモデルをすぐにVRで確認

独自の自動抽出機能で作業時間を削減

各モジュールにはそれぞれの部位に適した自動抽出機能を搭載

作成した3Dモデルを3Dプリンタで出力

直感的な編集ツールが標準搭載

スムージング・オフセット・空洞化・シェル化・彩色・補強・ラベリング

Geomagic Freeformとのシームレスな連携

Geomagic Freeformとの連携でできること

・アーチファクト等の処理しきれないノイズの除去

・抽出した3Dモデルにフィットするパーツのデザイン

・医療機器の開発に役立つラティス構造などのデータ作成

Geomagic Freeformとは

ハプティックデバイスTouchを使って、画面の中の3Dモデルに触れながら3Dデータを削ったり盛ったりすることができる、非常にユニークなデザインツールです。

D2P活用のワークフロー

D2Pにより必要な技術的専門知識は最小限で済み、最新の3D視覚化テクノロジーとシームレスにつながります。

・自動セグメンテーションツールを使って3Dモデルを数分間で作成
・様々な画像診断法 (CT、MR、CBCT) をサポート
・自動モデル彩色などの直感的な編集ツール
・3DプリンタやVRなど様々なアプリケーションに3Dを迅速に転送
・3D視覚化の強化とVRにおける完全に自由なモデル制御様々な3Dファイル形式と3Dプリンタをサポート
・データ管理の制御が簡単