製品概要

Culture 3D View(文化財ビューワー)は文化財3Dモデルのビューワーとして開発されたソフトウェアです。
ビューワー機能の他に3Dスキャナで取り込んだデータ(OBJ/STL)の測定や等高線/外周線等補助線作成機能などを備え、文化財保存・修復分野や研究等に携わるすべての関係者間で情報を共有、活用が可能です。

3Dデータ化した文化財の形状・寸法を記録、保存

製造や医療の世界では一般的になりつつある3Dスキャナですが、近年は考古学・文化財関連の記録にも大いに貢献しています。
土器や土偶、建造物などを風化・破損・消失前に形状・寸法を記録しデジタルライブラリ化、複製品の製作などを行うのに3D技術は欠かせない存在になりつつあります。

特にレプリカの製作は3Dプリンタの出現により急速に進んでいます。
かつては博物館のガラスケースの中で厳重にしまわれ、一方向からしか見ることができなかった文化財のレプリカを展示し、実際に触れられるようにしたり、文化財盗難や火災などによる消失を防ぐサポートとしての役割も果たしています。

従来の記録方法では…

考古学・文化財関連の記録には、実測図といって三角定規やデバイダー、真弧(まこ)、キャリパー、ノギスなどを使い、人の手によってその形状を線画で記録していました。人の手での作業になるため表面の質感や細かな装飾、文様などの表現が難しく、そういう場合は文字などによって補足をしたり、また、人の手によって記録するのである程度の誤差が生じ、誤差の程度も計測できない場合もあり100%の正確さは保証できませんでした。

実測図に残らない詳細な文様、割れや欠けなどの欠損の記録を補うためには写真を使います。
写真の場合、肉眼に近い立体的な形状や色などが記録できますが、ゆがみや陰影があるので寸法の正確性に欠きます。

・手作業のため大量の記録には時間やコストがかかる
・データを管理している間の劣化や焼失などの危険
・文化財自体に触れて作業を行うため破損のリスク


もありました。

 

単に3次元座標を取り込み、データ化するだけでなく表面の色・模様・テクスチャ情報まで保存できます。
「そのままの状態で記録を資料化したい」といった方に最適です。

非接触・非破壊での測定

また、文化財ビューワーは3Dスキャナと連携してお使いいただくため、文化財に触れることなく360度全方位からスキャンしたデータを”そのまま”取得することが可能です。
スキャンした文化財をまるごと三次元データ化し、スムーズに資料化していただけます。

全方位のデータを取得することで、今まではノギスなどの接触式の測定器では破壊しないと測定できなかった肉厚の測定・断面積の測定なども可能です。

Artec 3DスキャナとCulture 3D Viewを活用すれば、3Dスキャナで取り込んだスキャンデータを現場や研究などの場で幅広く活用、共有していただけます。

Artec3Dスキャナ ラインナップ一覧

下記リンクから各製品の詳細情報が確認できます。

 

次世代エッジ処理型
ワイヤレスハンディ3Dスキャナ

 

 

軽量型
ハンディ3Dスキャナ

 

 

高精度
ハンディ3Dスキャナ

 

ポータブル長距離型
レーザースキャナ

 

超高精度
デスクトップ3Dスキャナ