DataDesign - Degital Process Innovation DataDesign - Degital Process Innovation

EVENT イベント

セミナー情報 2020.07.02 更新

Markforgedウェビナー開催のお知らせ

Markforgedウェビナー開催のお知らせ

来る7/21(火)・7/31(金)にMarkforgedのウェビナーを開催いたします。

それぞれの詳しいトピックスは下記よりご確認ください。

※本ウェビナーには参加人数制限がございます。
お申し込みが定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みくださいませ。

 

【コンポジットウェビナー】
コンポジット3Dプリンタを活用した治具製作の可能性

日時:7/21(火)14:00~14:45→終了

モノづくりに必要不可欠な「治具」
貴社はどのような形で治具を製作していますか?
今回ご紹介するMarkforged社製3Dプリンタは世界で初めて、長繊維ファイバーの連続積層を実現した3Dプリンタです。
長繊維ファイバーの連続積層によって世界最高強度の樹脂モデルが造形可能です!
Markforged社製3Dプリンタを使い、今まで金属で製作していた治具を内製することによって、製造現場のダウンタイムを減らし、他3Dプリンタでは出来ない圧倒的な効率化を実現する事が出来ます。

こんな事ありませんか?

→治具がいきなり壊れて、しばらく生産が止まってしまった
→3Dプリンタで治具を製作しているが、強度が足りない
→複雑な形状の治具製作で時間もお金もかかってしまう

このようなお客様は是非ご参加下さい。

Markforged社製3Dプリンタの使用用途の多くが「治具製作」。
本ウェビナーでは、そんなMarkforged社製3Dプリンタが得意とする「治具製作」の可能性をご紹介致します。


 

 

【メタルウェビナー】
今話題の新たな金属造形方式”ADAM”の概要について

日時:7/31(金)14:00~14:45→終了

世界で初めて長繊維ファイバーの積層に成功したMarkforged社が金属3Dプリンタに新たなイノベーションを起こします。
MIM(金属粉末射出成型法)とAM技術を融合した新しい金属造形方式”ADAM”により、低コストで治具/工具/最終製品の製作が可能です。
この”ADAM”技術により、コスト/安全性/運用性など、従来の金属3Dプリンタが抱えている課題をより低減化しております。
常に、新しい材料がリリースされており、さらに多くの用途で使用されるようになっております。

「金属3Dプリンタは興味があるが敷居が高い…」そう思っている方は是非ご参加下さい!

本ウェビナーでは、金属造形方式”ADAM”について詳しく説明し、多くの導入事例をご紹介させて頂きます。

イベント情報

日時

2020年07月21日(火) 14:00~14:45 2020年07月31日(金)14:00~14:45