logo Geomagic For Solidworks|アドオン型三次元リバースモデラ

LINE UP 製品詳細

Geomagic for SOLIDWORKS

アドオン型 三次元リバースモデラ
Geomagic for SOLIDWORKS

Geomagic® for SOLIDWORKS® は業界で最も包括的で統合されたScan-to-SOLIDWORKS ソリューションです。
このソフトウェアはSOLIDWORKS 環境で動作するツールセットで、点群およびポリゴンデータをを設計プロセスで活用するための高度な機能を提供します。
直接スキャン、またはスキャンデータを SOLIDWORKS にインポートすることで、効率的に現物から複雑な 3D モデルを作成することが可能です。高度に自動化されたウィザードはスケッチ、サーフェス、またはフィーチャーベースの編集可能なソリッドモデルを SOLIDWORKS 内で迅速かつ簡単に作成します。
また、一般的な 3D スキャナーを幅広くサポートし、標準的な点群やポリゴンファイル形式のインポートもサポートします。

PRODUCT FEATURES 製品特徴

デザインの可能性が広がる Geomagic for SOLIDWORKS

Geomagic for SOLIDWORKS は現物と CAD 環境との架け橋で、迅速な設計、加工、製造を可能にします。身の回りにあるデザインを改善し、そこから学び、カスタマイズし再利用します。現物を SOLIDWORKS に取り込んで、既存製品に完全にフィットするパーツをデザインします。

不可能を可能に

リバースエンジニアリングなしでは設計できない製品があります。既存製品に完全に統合させるコンポーネントや、人体に完璧にフィットすることが求められるカスタマイズパーツを設計するとき。多くの実績を誇るGeomagic のツールを使用して、SOLIDWORKS 環境でも現物にあった有機的な形状を表現できます。他の方法では測定できない複雑な形状でもスキャンなら問題ありません。

強力かつ柔軟に

Geomagic for SOLIDWORKS はソリッドモデルが作成できます。メッシュ編集および点群処理、自動もしくはガイド付きフィーチャ抽出、有機的なモデルのサーフェス変換など充実した機能を活用して、フィーチャーベースのソリッドモデルを作成します。あらゆるスキャンデータから、製造にも利用できるモデルデータを作成できます。

3D 比較で偏差を把握

CAD モデルとメッシュモデルを素早く簡単に比較します。Geomagic for SOLIDWORKS のすべてのウィザードには偏差分析ツールがあり、モデル化する際の形状精度を確認します。リアルタイムな解析は、設計者の意図をデザインに反映するのに役立ちます。

スキャンは自由に Geomagic for SOLIDWORK

Geomagic for SOLIDWORKS はScan-to-SOLIDWORKS のために多くの工業用 3D スキャナーをサポートしています。Creaform、FARO、Hexagon、Nikon、Vialux そして 3D Systems 製の Capture スキャナーが直接使用できます。

簡単に素早くデザイン

業界を代表するGeomagic の実証された機能をSOLIDWORKS 環境内で使えます。高精度なスキャンの位置合わせ、最適なスムージング、メッシュ編集、自動スケッチ作成およびインテリジェントなフィーチャー抽出機能などをSOLIDWORKS に組み込み、フィーチャーベースのソリッドデータを簡単に作成します。スキャンデータに忠実な CAD モデルを作成するには、偏差分析ツールが役立ちます。

失われた設計データを迅速に回復

設計データがない?古い部品のため図面もない?再度製造が必要な摩耗したり破損した部品がありますか?そのような部品をデジタル化し、通常の寸法設計プロセスにスキャン設計プロセスを組み込みましょう。Geomagic for SOLIDWORKS は統合されたスキャン設計ワークフローで、非常に複雑で破損した部品であっても SOLIDWORKS パーツを素早く簡単に作成します。

SPEC 技術仕様

   
OS Windows7/Windows8/Windows10
注:* Parallelsを含む仮想環境を使用した設定はサポートされていません。
CPU ・最低2 GHzのクロック速度*を持つIntel®およびAMD®プロセッサ
・推奨:マルチコアプロセッサ。ハイパースレッディングと3 GHzを超えるクロック速度は有益ですが、バランスの取れたコアと組み合わせる必要があります。
RAM 最小:8 GB
ハードディスク ・30 GB以上を推奨
・一時ファイルキャッシュには、1億ポイントごとに約3 GBの空きディスク容量が必要です。
・推奨:256GB以上の容量を持つSSDまたは10000 RPM HDD
表示 ・32ビットトゥルーカラーが必要
・最小解像度:1280 x 960
・推奨解像度:1280 X 1024以上
GPU ビデオカードRAM:4GB以上
ビデオカードフレームワーク:OpenGL 4.0以上をサポートする必要があります。
シリーズ:NVIDIA GeForce 900シリーズまたはNVIDIA Quadro相当以上
AMD Radeon 400シリーズまたはRadeon Pro相当以上
注意:推奨されていないカードを使用すると、ランダムなクラッシュ、グラフィックの異常、またはデータの破損を招く可能性があります。ご自身の責任で、推奨されていない構成を使用してください。
その他 ・スクロール付き3ボタンマウス
・サウンドカード
・キーボード
・ネットワークカード
・Internet Explorerバージョン7.x以上
・Adobe Acrobat / Readerバージョン5.x以上
・レポートツール用のMicrosoft Office 2003、2007、または2010
・Microsoft Windowsインストーラ3.0
・Microsoft DirectX 9.0c以降
・Microsoft .NET 4.0または4.5 Framework
Geomagic Capture とその他一般的な 3D スキャナの直接制御 • SOLIDWORKS の画面で直接スキャニング
• 幾何形状やスケッチをプロービング
点群処理 高速で、自動化された機能群
ポリゴンデータの作成 点群からのポリゴンメッシュ構築または複数のメッシュの合成
ポリゴン処理ツール • 間引き(データの軽量化)
• スムージング
• ノイズ削減
• 穴埋め
強力な座標合わせツール • スキャンして座標合わせ
• スキャンメッシュを設計座標に配置
• 複数のスキャンデータセットをピックした点で位置合わせ
自動サーフェス作成 スキャンしたモデルを形状に合わせて最適な CAD ソリッドへ自動で変換
メッシュの断面抽出 自動で断面カーブやスケッチを作成
メッシュからの直感的なモデリングツール • 押し出し
• 回転
• スイープ
• 自由形状サーフェス
• 幾何形状フィッティング
ポリゴングループを選択するための様々なスマート選択ツール • 領域
• 投げ縄
• ボックス
• 多角形
詳細なメッシュの形状認識ための領域グルーピングツール 形状をインテリジェントに抽出するための事前処理ステップ
偏差解析による 3D 比較 メッシュ形状と CAD 形状の差異を比較

LINE UP



CONTACT 問い合わせ