機能・仕様

主な機能

形状測定機能

表示用モデルとは別に、内部で寸法測定用モデルを使用しているため高精度な測定が可能です。 測定結果の寸法ラベルは自動的に回転し常に表向きに表示されます。

B-repモデルを使用した高精度な測定機能

形状寸法や3Dラベル(注釈)を3Dモデルに追加。 取引先への指示や他部署への指示をビジュアルでわかりやすく行う事が出来ます。

3Dラベル(注釈)機能

形状寸法や3Dラベル(注釈)を3Dモデルに追加。 取引先への指示や他部署への指示をビジュアルでわかりやすく行う事が出来ます。

検証機能

単純な形状部の測定のみではなく、指定したRや抜き勾配で形状特性をビジュアル的に確認が出来ます。 また、3次元測定機の測定データを読み込み、オリジナルのCAD形状と比較、測定ポイントデータの作成・出力が可能です。 製造指示や加工工程検討を強力にサポートします。

形状断面表示

検証機能

部品または複雑なアセンブリ形状の断面を表示できます。 断面のカーブを作成し、DXFやIGES(※オプション)データとして出力可能です。

フィレット半径と平面検証

測定したフィレット半径や平面部を色分け表示できます。 任意の位置のフィレット半径値を表示可能です。

バンダリーボックス

加工に必要な素材形状の寸法をワンクリックで表示、素材の密度や単価を設定しておくことで、 素材重量と素材コストを算出できます。

穴埋めなど簡易CADを搭載

簡易的なCAD機能を装備し穴埋めなどCAM前作業を分散化が可能です。

CADモデル情報

BREPモデルの情報を元に、全体のサーフェス数や表面積、サーフェスごとの詳細情報を検証可能です。

角度・アンダーカット表示

角度ごとに形状の色分け表示ができます。 クリックして特定部分の角度表示を形状に配置でき、金型設計前の事前検討が可能です。

形状比較

新旧のCAD形状を自動比較し、変更があった箇所の追加・削除の色分け表示や、寸法差を数値表示など、 ビジュアル的に確認が出来ます。

下流工程への確実な情報伝達

スクリーン

最適な視点方向を作成し、保存することにより、他の作業者でも指示者の視点から注意事項を確認することができます。 スクリーンは複数作成することができるので、情報ごとに最適な視点方向で表示・確認できます。

アニメーション・干渉チェック

アセンブリ部品の動作シミュレーション、3Dモデルの組立・分解手順アニメーションなど、 可動部品の動きをアニメーションで表現する事が可能です。 同時に各部品の干渉チェックも行い、設計検討時の確認・修正に活用できます。 また、干渉チェックや部品間の最短距離を表示し、チェックの結果をムービーファイルとして出力可能です。

ドキュメント作成

スクリーンキャプチャを作成し、Wordなどの技術文書にモデル画像を挿入することができます。 また、イメージコレクター機能で、大量の画像データを一元管理することができます。

WorkNCとの強力な連携機能

WorkNCのワークゾーン情報を読み込み、工具軌跡や使用工具、パラメータの確認が可能で、 WorkNCのない現場でのツールパス確認に使用できます。