ブログ

大空へ!Artec Evaで飛行機の扉をリバースエンジニアリング


こんにちは!まだまだ朝晩の寒暖の差が激しいですねぇ。まんまとこの気温差にやられて鼻風邪を引いているデータ・デザイン広報です。

コロナウイルスの影響でうやむやになってしまいましたが学生の方々はそろそろ春休みに突入でしょうか?
卒業旅行など行きにくいムードですが…社会人になったら気軽に遊びに行けませんし、一生の思い出になりますから行きたいですよね。

卒業旅行と言えば…

旅行と言えば飛行機ですよね。乗り物に興味がなくても飛行機と言えばライト兄弟がすぐに頭に浮かぶと思いますが、セコイア・ファルコ(Sequoia Falco)という飛行機はあまり知られていないのではないでしょうか?

イタリアで設計され、1955年に最初に飛行したこの2人乗りのアクロバット飛行用の航空機で、なんと2020年の現在でも現役なのです!

外見の美しさもさることながら、多くの航空ファンやパイロット達はこのセコイア・ファルコを最高のハンドリングで最強の飛行機と考えています。

デザイナーのステリオファリ(Stelio Fari)氏の足跡をたどり、飛行機愛好家のマイケルシューラー(Michael Shuler)氏は、自分のファルコを作り始めました。

しかし、航空の専門家でさえ、現代の製造業界で60年以上前に設計された古典的な飛行機を作ることは、とても難しいことです。

飛行機を組み立てている間に、シュラー氏は着陸装置のドアの建設に関するある問題に直面しました。

着陸装置 – 飛行機の着陸、離陸、および地上での移動を可能にする車輪付きサポートシステムは、通常、使用していないときは飛行機の底に押し込まれたままです。

2つの着陸装置ドアが完全にフィットし、周囲の部品や表面内で機能する必要があるため、その面積は小さく、そこに到達するのはとても難しいのです。

他の車両と同様に、測定は安全性を確保する上で重要な役割を果たします(そしてFalcoの場合、外観もです)が、その箇所の複雑さを考えると、正確なデータを収集することは難しく、時間がかかってしまいます。

このことを考慮し、Artec 3Dのゴールド認定パートナーであるJavelin Technologies Inc.のサービスが必要となりました。

Artec 3Dスキャナの登場

「着陸装置を実際に展開できるかどうかは、生死に関わり得る問題なため、ドアは非常に重要なのです」とシニアアプリケーションスペシャリストのディーンドラ・レイド(Deandra Reid)氏は言います。

「それは飛行機が機能するための重要な部分です。」

このように厳密な精度が求められることから、手動測定は問題外になりました。所要時間に加えて、エラーの可能性が高くなってしまうからです。

「着陸装置が収まる空洞は、完全に平らではありません」とレイド氏は言います。

「その曲線を測定し、着陸装置が実際にどのように適合するかに関連する角度を把握しようとする際に起こる難しさとリスクは想像できるでしょう。」

この多様な深さと角度のため、多目的な3Dオブジェクトスキャナである、Artec Evaが当面の仕事に選ばれました。

Artec Evaは、高速でテクスチャリングされた正確な3Dモデルを作成するための、評判の良い解決法であり続けています。

使いやすく、非常に正確なEvaは、中型の物体やリバースエンジニアリングの機械部品に最適です。

Evaは、ラピッドプロトタイピングから法医学、義肢、航空宇宙に至るまで、さまざまな業界でその素晴らしさを見せています。

「Evaを使用して、これらの違いがある箇所をスキャンする方がはるかに簡単ですよ」とレイド氏は説明します。 「私はEvaを使用して1時間以内にそれができました。」合計で、スキャンと処理は1日かかりませんでした。

スキャンで測定エラーのリスクを排除すると、次の重要な仕事は着陸または離陸中に着陸装置を格納、または拡張するために2つのドアをしっかりと開閉することでした。

「スキャンを使用したのは実際の部品を作成するにあたっての測定のためだけではありません。他にも、その領域の周囲の寸法を考慮し、ドアが実際に適切に機能し、周囲のすべてがうまく機能することを確認するためにもスキャンを使用しました。」

スキャンが完了後の次のステップは、着陸装置のドアの設計に使用できる飛行機の下面のデジタルコピーを作成することでした。

Geomagic for SOLIDWORKSプラグインを使用すると、Artecスキャナで作成された3DモデルをArtec Studioからエクスポートできます。

Artec Studioは、基本的な3Dモデリングのための直感的な環境をワンクリックでSOLIDWORKSにエクスポートできます。

Geomagic for SOLIDWORKSは、シームレスなワークフローと時間の短縮を可能にし、ユーザーにシンプルなサーフェスと複雑なサーフェスの両方を抽出して高精度を提供し、完璧にフィットするようにします。

シュラ―氏にとって、プロジェクトのこの部分にスキャンを使用することは極めて重要でした。

Artecの3Dスキャナなら、費用のかかる遅延、長期にわたる作業、そして無駄な努力をすべて回避できるからにほかなりません。

3Dで印刷および承認された着陸装置のドアのプロトタイプにより、この飛行機プロジェクトは準備が完全に整いました!

飛行機に乗ることがあったら…♪

そうですよね、飛行機や自動車など乗り物は大勢の「命」を預かって動いているわけですから1ミリのずれも許されませんよね。

正確さとスピード、両方を兼ね備えたArtec 3Dスキャナとソフトウェアがあって初めて成功したプロダクトだと言えるでしょう。

春休み。もしご旅行に行かれる際は、乗り物の”扉”にも少し目を向けていただくといいかもしれませんね。

ではまた!