お知らせ

最新のWORKXPLORE~より簡単に、インタラクティブに~


特定のシミュレーションインポート、いくつかの追加のリーダートランスレーター、およびクライアントビューアーの測定値はすべて、HexagonのProduction Softwareポートフォリオの強力な高速CADビューアーおよびアナライザーであるWORKXPLOREの最新リリースの多くの機能強化に含まれています。

このソフトウェアは元々、すべてのファイルの種類とサイズを高速で効率的にインポートおよび分析するために作成されました。多くの場合、元のCADアプリケーションと比較して、ファイルを開くのにかかる時間は半分以下です。

WORKXPLORE 2020.1

WORKXPLORE 2020.1の新しく強化された双方向ワークフロー機能には、生産を自動化するプロセス指向検査のマルチキネマティックシミュレーション用のサーバーベースのソフトウェアであるHexagon I ++ SimulatorのIGPファイル形式をインポートおよびエクスポートする機能があります。

WORKXPLOREは、開いたソリッドまたは閉じたソリッド、およびメッシュモデルをメッシュとしてエクスポートできます。また、メッシュをインポートすることもできます。

追加のリーダートランスレータには、Solid Edge 2D Importer、IGES Readerトランスレータが含まれます。

図面を読み取る機能がSolid Edgeインターフェースに追加されました。

現在、2DがサポートされているバージョンはST1〜2019です。また、IGESトランスレータにより、ユーザーは社内の統合インポートライブラリとDatakit Advanced Importを選択でき、特定のニーズに最適な設定を選択できます。

印刷オプションの強化により、印刷上でエンティティを操作し、単一ビューレイアウトでよりインタラクティブな印刷機能が提供されます。

プロダクトオーナーのLuca Clerici氏は、次のように述べています。

「コマンドが起動されると、用紙の比率に対応するマスク(A4ランドスケープなど)が画面に表示されます。その後、モデルを移動して、印刷領域を正確に定義することができます。また、別のインタラクティブな長方形は、オプションのトリミング機能を提供します。」

印刷オプションを備えたツールバーが画面の右側で使用できるようになり、ターゲットプリンターの選択とそのプロパティの定義、用紙サイズの選択、ヘッダーとフッターの追加が簡単になりました。

このリリースでは、サポートされている形式を常に更新するというソフトウェアの伝統も継承されています。

WORKXPLORE 2020.1のトランスレーターは、ACIS、いくつかのCATIA製品、Creo、DXF / DWG、IGES、EDGECAM、I ++シミュレーター、INVENTOR、Parasolid、STEP、Solid Edge、SolidWorksなど、多くの主要フォーマットをサポートしています。