ブログ

ワカンダフォーエバー!ブラックパンサーとレクサスのコラボレーション!!


こんにちは!

突然ですが、マーベルヒーローの中で誰が好きですか?

わたしは全作劇場で観て4月の「インフィニティ・ウォー」では3時間大号泣し続け3回劇場へ足を運んだほどのアメコミオタクなのですが、この質問はとても悩みます。。。

王道のアイアンマンか…出番は少ないけどホークアイも渋いし…ロキもかわいいし…ロケットラクーンも生意気でかわいいし…トムホランド版のスパイダーマンももちろんかわいいし…(語彙力)。

アベンジャーズの中ではまだまだ新参ですが、これから始まるフェーズ4で活躍してくれそうなのがブラックパンサーですよね!

高級車のレクサスが、マーベルヒーローのブラックパンサーとコラボレーションし、その工程にArtec 3Dが大きく関わったということで!今日はその記事を紹介します。

つい熱くなって前置きが長くなってしまいました。。。!

夢のコラボレーション!その懸け橋にArtec 3D(以下抜粋)

マーベルがレクサスを東西の映画ファンを驚かせる車に変える計画について彼らに連絡したとき、西海岸税関はすぐに合意し、細部を具体化するためにマーベルのデザイナーと対面しました。

共同でコンセプトスケッチをページごとに作成し、ビジョンを1つの統一されたレンダリングセットに結晶化しました。

レクサスLC 500をストックモデルから完成品に仕上げる

虹色に輝くブルーブラックパンサーレクサスは、カスタムビルドのすべてにおいてw細心の注意を払って運ばれ微調整された、次の9か月にわたって行われた旅でした。

ペイントサンプル、インテリアバリエーション、ブラックパンサーテーマ要素などはすべて、進行中の会議で個別に議論され、追加作業が行われる前のすべてのステップでマーベルとレクサスの両方から承認されました。

しかし、プロジェクトの最初の日、修正を作成する前に、ウエストコースト税関のマスターデザイナーであるムサチャジョノは、レクサスLC 500の正確な3Dモデルを必要としました。

彼は、画面にメスを入れて、最初の「切開」を行います。彼は、すべてが正確にどこにあるかを正確に保証したいと考えています。

そこで彼は、携帯型の3DスキャナーであるArtec Evaに目を向けました。

ArtecEvaは、最大0.1mmの精度で中規模から大規模のオブジェクトをすばやくキャプチャできることで世界的に証明されています。

West Coast Customsは、精度とリアルでエラーのない結果が重要な多数の有名なプロジェクトにEvaを使用しています。

Artec Evaに導入されたのは、Artec認定再販業者Rapid Scan 3Dの3Dスキャンの専門家、航空宇宙、医療、その他の分野で3Dソリューションのフルスペクトルを実装およびサポートした長年のスペシャリストです。

Lexus LC 500の3Dモデルを作成するために、West Coast Customsの機械工は、Artec Evaを手に取り、車の周りを歩いて、スキャナーを大きく上下に動かして、さまざまな角度から外部のあらゆる平方インチをキャプチャしました 。

ラップトップを見る前に長時間使用する必要がなく、表面を非常に高速にキャプチャするため、スキャンが非常に楽しくなります。

1時間もかからなかったスキャンの後、スキャンはArtec Studioで処理されました。

これは、EvaおよびArtecスキャナーのファミリー全体をサポートする堅牢なスキャンソフトウェアです。

Studioを使用すると、すべてのスキャンをすばやく簡単に3Dモデルに整列して登録し、さまざまな形式でエクスポートできるようになります。

Lexus LC 500の場合、彼らは3DモデルをGeomagic Design XおよびSOLIDWORKSにエクスポートしました。そこで、彼らはデジタルマジックを実行し、レンダリングを実現しました。

ブラックパンサーと言えば”爪”!!

Artec Evaがどのように変換を支援したかを示すために、サイドビューミラーの爪は、最初にブラックパンサーの映画用手袋を直接スキャンして作成されました。

「Evaで手袋をスキャンしたら、手袋から爪を分離して3Dモデルを作成し、3Dで印刷しました…そして、車に最後に触れるのは、それらの爪をミラーに取り付けることでした。

このステップと他の多くのステップについては、エヴァなしでは不可能だったか、はるかに困難で間違いなくそれほど正確ではなかったでしょう」とロレンツォ・ストロングは語った。

West Coast Customsは最近、Artec Leoでスキャンを開始しました。

ArtecLeoは、完全にワイヤレスで、オンボード処理と、スキャンをリアルタイムで操作するための内蔵タッチスクリーンを備えた革新的なハンドヘルド3Dスキャナーです。

完全な暗闇や明るい日光、またはその間のあらゆる場所で多種多様な表面をデジタルでキャプチャするパワーを提供するLeoは、品質検査、リバースエンジニアリング、自動車、CGI、ヘルスケア、教育などの分野で急成長を遂げています。

Leoは非常に可搬性が高いため、クライアントの場所、駐車場、またはオートショーにレオを簡単にオフサイトに持ち込み、そこでスキャンを実行できます。

Leoの44 fpsのキャプチャレート広い視野により、ステアリングホイールやダッシュボードからフェンダー、さらには車全体に至るまでさまざまなサイズのオブジェクトを簡単にスキャンできます。

また、Leoの直感的なUI使いやすさにより、技術者だけでなく、ショップやオフィスの誰もがスキャンできるようになりました。

CG映画の世界が現実に

人気のあるコンテンツはグッズなどの売り上げが見込めるため、公式のグッズは勿論しばしばほかのブランドのものとコラボレーションすることがありますよね(オタクはお金を使いたがる)。

昔のスターウォーズのフィギュアなんかとても質が悪かったですが(それはそれでキッチュでかわいいのですが)、最近は本人の写真かと見間違うほどの精巧なものも出てきました。

自動車とコラボされてしまうとさすがに手が出せませんが、どんどん手軽に3Dスキャンができるようになってきたため今後はハイクオリティでもっと買いやすいグッズが出るかもしれませんね。

そうなると部屋がグッズであふれかえってしまうことが想像に難くないですが、今後がとても楽しみです!

 

ではまた!