ブログ

今年発表の新材料をおさらい


こんにちは!本格的に年末ムードが高まってまいりましたね。

皆様にとって今年はどんな年でしたでしょうか?

今年は元号も平成から令和に変わり、新しくチャレンジしたこと、できるようになったこと、環境の変化なども多かったのではないでしょうか?

 

Markforgedの進化もとどまるところを知らず、今年は4つの新材料を発表することができました!

今日はそれぞれの材料の特性を今一度ご紹介していきたいと思います。

圧倒的な難燃性を誇るOnyx FR

Onyx FRはオニキスの機能性に加え、難燃性を備えた材料です。

高強度、高精度、難燃性が必要となる航空宇宙山号や防衛産業、自動車産業で活用できます(燃焼性UL94規格でV-0にレート ※最低3mm厚)。

そしてABSの約1.3倍の曲げ強度も持っています。

開発元ページはこちら

過酷な環境向け!インコネル625

インコネル625は、腐食や高温と低温を繰り返すような過酷な環境に非常に強いニッケルクロムベースの超合金です。

高い耐熱性による熱および圧力遮蔽用途に最適で、ジェットエンジンや医療にも活用されています。

開発元ページはこちら

冷間加工用途向けのA2ツール鋼

A2ツール鋼は空気焼入れにより、優れた耐摩耗性と耐衝撃性を備えた材料です。

常温で金属に曲げ、切断、圧延、鍛造などの加工を施す冷間加工での用途に適しています。

開発元ページはこちら

高圧縮、耐摩耗性に優れたD2ツール鋼

こちらも冷間加工向けのツール鋼です。

優れた耐衝撃性を持ち、高い圧縮強度、鋭利なエッジ、耐摩耗性を必要とする冷間加工用途で重宝されています。

開発元ページはこちら

2020年のMarkforgedにも大注目です!

様々な使用環境を想定した、まさにかゆいところに手が届く新素材を4つご紹介しました。

まだここで発表できなくてもどかしいのですが…来年以降に発売される新素材の情報も続々と届いておりますので、時期が来たらまたこの場を借りて説明させていただこうと思います!

2020年のMarkforgedも目が離せませんね!

ではまた!