ブログ

3Dスキャンもスピードが勝負!


こんにちは!

F3レーシングカーのフロントウィングの空力的な強化に、ハンドヘルド構造光スキャナーArtec Leoと、三脚搭載レーザースキャナーArtec Rayを使用しました。

F3レースカー全体をもちろん高解像度カラー3Dで、なんと1時間以内でデジタルでキャプチャすることができました。

Leoの内蔵タッチスクリーンを使用すると、スキャンがより高速になります。

さらに車の3Dスキャンがリアルタイムで表示され、スキャン技術者がスキャンを回転させて拡大表示し、完全なカバレッジを確保できます。

スキャン後Artec Studioでスキャンを後処理し、レースカーの正確な3DモデルがCAD作業用に提供されました!