ブログ

Markforgedブログ:アンガス3Dソリューション -スコットランド最初の「METAL X」利用法 –



アンディー・シンプソンは、3Dプリントサービスプロバイダの開設に向けて別のルートを取り入れました。
彼はアブダビ、ロシア、ドイツ、イギリス、スコットランドなど、世界中で30年以上にわたり石油およびガス製造施設を運営してきました。
「原油価格が底値に達したとき、会社内での私の役割は急速に変化しました」とアンディーは言います。 彼は、世界規模の施設を運営する人から、工場を閉鎖し、人々を解雇するような男になりました。
彼は会社を辞め、自分の事業を始めることにしました。 「伝統的な製造工場を始めることが自然だったと思う」とアンディーは言います。

アンディー・シンプソン、アンガス3D ソリューションズのマネージングディレクター


代わりに、ブレチンベースの3Dスキャニング、3Dプリント製造サービス会社のアンガス 3D ソリューションズを設立しました。顧客と協力し、伝統的な製造技術では実現できない部品を作成しました。
「3Dプリンティングを行っている場所はスコットランドにはそう多くありません」と彼は言います。
彼のビジネスは急速に成長し、現在では個々の起業家からスコットランドのいくつかの最大の石油会社まで幅広い顧客リストを持っています。
アンガス 3Dには、Markforged「Mark Two」や「Metal X」など、複数の3Dプリンターが社内にあります。
Mark Twoは主に顧客用の治具や備品の造形に使用されており、一部の顧客は現在、Onyxとカーボンファイバーで最適化するような設計に完全に変更しています。 「Onyxは素晴らしい素材です」とアンディは言います。
「それは私の期待を超えて、そして私の顧客の期待をも超えてしまったのです」

サポート付きの3D造形部品


MetalX

アンディは金属3Dプリンタを購入するつもりはありませんでした。彼は金属3Dプリンタは高すぎる、予算を超えてしまうと常に思っていました。
Markforged「Metal X」に出会ったとき、彼はそれが完璧であることに気づきました。
「私は何度もMarkforgedに戻ってきました。なぜなら彼らは私が何を挑戦するのかを熱心に聞きたがってくれていると感じたからです。」と彼は言いました。
彼は、スコットランド政府を通じてZero Waste ScotlandのCircular Economy Investment Fundの助成金を申請しました。その理由の1つは、 スコットランド周辺の人々や産業にとってメタルプリンティングをより身近なものにすることだと述べています。
彼は1年以内に助成金を授与され、2018年末に英国で最初に市販されたMetal Xをスコットランドに持ち込みました。
人々は驚くべきことに他ならない。
「正直に言うと、この機械を他の人に見せること以上に楽しいことはありません。彼らはそれに夢中になっています。彼らは驚いています」と彼は言います。
顧客は、他の市場のメタル3Dプリンタと比べて、この機械が複雑すぎないところが気に入っています。
それ以来、アンガス3Dソリューションズは、17-4 PHステンレス鋼を使用した1942年のミシン用のレガシー部品と石油およびガス産業用のカスタム部品を含む、25種類以上の部品を顧客に印刷してきました。
フォーミュラ1チーム用のテスト部品を製造する計画もあります。

サポートを外した同じ3D造形部品

次は?

スコットランドにMetal Xを持ち込んで以来、アンディはスコットランドの地元の企業、製造業者、大学そして地元のラジオ&テレビ局から技術的な有力者として取り上げられました。 Markforged「 Metal X」は私の人生の一部であり、おそらく私の成功の一部でもあります」 「その技術が私をそうさせた」とアンディは言いました。