製品情報

AUTODESK NETFABB 2020 がリリースされました。


この度、AUTODESK NETFABB 2020がリリースされました。本バージョンでは、再メッシュ機能に新しいアルゴリズムが活用され、閉じていないシェルを持つメッシュや湾曲した面に対しても適切な再メッシュが可能になりました。新機能や機能改善内容は以下の通りです。

– 修復と再メッシュ機能改善

– 新しいサポート形状の追加

– 非ビルドゾーンの設定

– 新しいマシンワークスペースとして、Cincinnati Inc.とSolidscapeが追加。

– 円に関連した測定において、距離を基準円の平面に投影せずに任意の円の中心間の距離を直接測定可能。

– 移動、回転、スケールのいずれかのアイコンをクリックして表示されていたギズモ表示が部分が選択されたときに常にアクティブになるように切り替えることが可能。

– Netfabbでスライス作成した際、第1層は常に空のスライスが作成されていますが、CLIおよびSLCファイルでは、この最初の空のスライスが省略し、空でない最初のレイヤで始まるように変更するための新しいスイッチが追加

– ハッチ生成方法において、一度に複数のレーザーによる露光のハッチを計算可能。

AUTODESK NETFABB 2020 の詳しい新機能はこちらから