イベント

【6月25日(火)-26日(水)開催】SPAR2019J 第15回 3次元計測フォーラム に出展いたします!!


6月25日(火)から6月26日(水)までの2日間、神奈川県川崎市の「川崎市産業振興会館」にて開催されます「SPAR2019J 第15回 3次元計測フォーラム」に出展いたします。今回の展示会では、3Dスキャニングソリューションとして「ハンディ型/長距離レーザー型3Dスマートスキャナ」を、デジタルガイドソリューションとして「ARダイレクトプロジェクション」をご案内いたします。ぜひとも最新デジタル・トレンドをご体感頂きたく、皆様のご来場をお待ちしております。

展示会情報

日程:2019年6月25日(火) ~ 26日(水)
会場:川崎市産業振興会館
〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20
ブース番号:17 ブース位置詳細はこちら

出展内容

【3Dスキャニングソリューション】

ハンディ型フルカラー3Dスキャナ「Artec Leo

1秒あたり80フレームの史上最速のハンディ型3Dスキャナです。オブジェクトに近づけて焦点を合わせるだけで複雑なディテールまでキャプチャできます。
本体にタッチスクリーンやGPUボードも搭載されており、その場ですぐにスキャンデータを確認できます。また、慣性センサーで位置や方位を特定でき、壁や床面の区別もできるため、特別な技術を必要とせず誰でも簡単に3Dスキャンが可能です。

長距離レーザースキャナ「Artec Ray

据え置き型の長距離レーザースキャナで、筐体を三脚にセットしてボタンを押すだけで100m以上離れた対象物を360度全方向からのスキャンが可能です。10mを超える大きな建造物や遺跡などもスキャンできます。最長4時間使用できるバッテリー内蔵のため屋外でも安心して利用できます。


【デジタルガイドソリューション】

ARダイレクトプロジェクション「Extend3D/LAP

形状特徴やマーカーをカメラで認識し、対象物が動いても自動追従することが可能な動的短距離プロジェクター、マーカーをベースに高精度で10m以上の長距離な投影にも対応したレーザータイプの静的長距離プロジェクターなど、実物モデルにデジタル情報を高精度にマッピングすることが可能なテクノロジーをご紹介致します。