ブログ

Markforgedブログより:金曜日午前中のエピソード(総費用曲線について)


今週の金曜日の午前中のエピソードは、ダニエルとニックが、アディティブマニュファクチャリングとサブトラクトマニュファクチャリングの総費用曲線について説明します。
ますます多くの企業が3Dプリンターを社内で使用し始めており、この話題は近年一貫した問題です。総費用曲線は、コスト/部品と製造量の関係を示し、この曲線には2つの事が含まれています:部品の生産準備のための間接費と各部品の製造単価。

従来の製造では、間接費が高価でも、部品の製造量が増えるにつれ原価は下がります。結果として、多くの部品は大量生産の場合のみ経済的に有効です。アディティブマニュファクチャリングがこれを覆し、手頃な量の部品を手頃な価格で作成できるようにしました。

ダニエルとニックは、3Dプリンタが従来の方法に代わるものではないことについても話し合っています。
量産部品は3DプリンターよりもCNCや旋盤で製造するほうが良いが、複雑で少量の部品は3Dプリンターが適してます。

そして、3DプリンターVS従来の製造の初期費用の話に移りました。
金属3Dプリンターが安価で身近になったため、企業が工場の現場に導入しやすくなりました。

来週は、どのような部分を金属3Dプリンターで作成するかを決める方法についてご説明します。