ブログ

Markforgedブログより:オートバイパーツへの適用事例


私たちのチームは最近TCTに参加し、積層造形の将来についての展望を共有するために英国のバーミンガムを訪れました。このイベントには、ヨーロッパ中およびあらゆる種類の業界から11,000人を超える参加者が来場しました。Centerline Engineeringなどの顧客からのデモパーツが展示され、幸運なことにAuto FabricaのType 11があるブースに同社のToby Mellorが参加されました。Auto Fabricaは、Markforged X3プリンタを使用して、バッテリーボックス、ヘッドライトハウジング、ラジエータカバーを含む9つの部品を印刷しました。

TCTでは、積層造形とそのタスクをよりスマートにするための支援方法について話しました。積層造形には多くの宣伝がありますが、「デジタル変換」や「インダストリー4.0」のような流行語を聴けばなんとなくわかると思います。しかし、移行はまだ実際には行われていません。実際のところ、従来の製造方法を選ぶのではなく実際に部品を3D印刷する方が理にかなっているという新しい価値提案や実用性を切り開き始めたばかりなのです。

なぜでしょうか?量産産業の製造業者は効率とコストを競い合い勝ち取るので、積層造形を選ぶための実際の転換点は部品コストになります。Markforgedでは、金属および強化金属部品の印刷コストを下げるために、新しい一連の技術を開発しました。当社の連続炭素繊維複合材料は、10分の1のコストで、幅広い用途で機械加工されたアルミニウムを機能的に置き換えます。そして、新しい金属印刷プロセスは、パウダーレーザーシステムよりも1桁手頃な価格で、印刷システムに必要な材料のみを使用して(無駄を省き、部品コストを下げるため)多種多様な金属部品を提供します。あなたがそうする機会がなかったならば、私は私達のケーススタディのいくつかを調べて、顧客の成功の実例を見ることを勧めます。もしそうする機会がなかったのであれば、いくつかケーススタディを調べてみることで顧客の成功の実例を見てみることを勧めます。

積層造形の採用が増えるにつれて、幅広い二次的なメリットも見られます。補修用の交換部品は要求に応じて供給することができ、低回転な在庫を運ぶ必要性を減らします。同じ部品を1日ですぐ隣にあるプリンターで製造できるため、物流は簡素化されます。同じ印刷プラットフォーム上の部品の間隔を絶え間なく切り替えることで、供給者は生産を需要に合わせて動的に調整することができます。そして何よりも、製品開発の待機時間が短縮されるにつれて、新しい革新的なハードウェアの市場投入までの時間が短縮されます。

今後5年間は信じられないほどエキサイティングになるでしょう。