ブログ

Markforgedブログより:積層造形の二次的利益


積層造形は企業の働き方を変えています。3Dプリンタの主な利点は、人件費や工具や備品などの収益を生み出さない部品に費やされるお金と時間を節約できることです。これらは、会社にとって重大で時間に敏感な問題を解決し、速効性のある解決策です。二次的な利益は、生産性の向上から長期的に節約されるお金まで、何でもあり得ます。当面は目に見えにくいですが、製品が何度も何度も使用されるときにしばしば実現されます。このような恩恵は主要な恩恵と同じくらい重要となりますが、それは持続的な結果に大きく貢献するからです。3Dプリンタを追加することで会社が達成できる、いくつかの二次的なビジネス上の利点があります。

部品数の削減
組み立てる必要がある部品の数を減らすことは、時間の短縮という利点と容易に結びつけることができます。たとえばHaddington Dynamicsは、ロボットアームの部品点数を800から70に減らし、強度と重量の比率を向上させると同時に、チームの組み立てにかかる時間を短縮しました。Stanley Black&Deckerは4つの部品からなるアクチュエータハウジングを取り、Markforged Metal Xで17-4 PHステンレス鋼の部品を1つ印刷しました。これにより在庫が減少してチームは生産性が向上し、短期間で設計を最適化する機会が得られました。

よりスマートな修正
あなたは「段ボール工学」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。そうでなければ、一時的に問題を解決したのみで長くはもたないでしょう。そして、これらの修正は長期間にわたって続きます。従来の製造業にある制限に執着せず、違った考え方をすることができたので、積層造形によるデザインを採用することはより複雑な仕事を引き受けるLean Machineなどの会社を導きました。

連携と迅速な反復
積層造形はまた、企業内の文化を変えました。エンジニアと設計者は、変更する前の部品を取り戻すのに数週間または数ヶ月待つ代わりに、暫定的に他の設計をテストしながら、協力して共同作業を行うことができます。MarkforgedのEigerソフトウェアもクラウドベースであるため、オフィスにいなくてもすばやく繰り返すことができます。電動サーフボードの創設者であるFliteboardは、旅行中に妻にプリントベッドから部品を取り外すように依頼することで、部品をリモートで印刷およびテストできます。それから彼は彼女に部品の写真を撮って、それらが一緒に動作するかを見るために組み立てるように頼みます。問題があれば、彼は単にその部分をわずかに修正してそれを再び印刷するだけです。この職場文化の変化は、3Dプリンターの追加に起因している可能性があります。

結論
二次的利益は一次的利益と同じくらい重要です。一時的にではなく、長期的にビジネスに影響を与えます。印刷時間と従来の製作時間に焦点を合わせるのではなく、時間の違いが何を意味するのかを考えてください。それは長期的に生産性の向上を意味するのでしょうか?それはあなたのチームが出荷、マーケティング、そしてビジネス続ける他の営業活動に集中できるという意味ですか?もしそうなら、これらは二次的なビジネス上の利点です。そして、それらはMarkforgedユーザーにとって非常に現実的な利点です。そして、節約されたコストだけを見るのではなく、そのお金をどこに使えるかについて考えてください。多くの部品を作成するためのより多くのプリンタ、多くのタスクに取り組むためのより多くの従業員、また工場現場の新しい機械。積層造形の副次的な利点は、単なる具体的なニーズよりも、企業全体や時間を拡大します。ですので、3Dプリンタの結果を定量化する際には考慮する必要があります。