ブログ

Markforgedブログより:3Dプリントされた治具設計の革命


今日の製造業者は、利益を増やすためにコストを削減しながら新製品をより早く納入することをこれまで以上に強いられています。耐久性のある金型は製造プロセスの重要な部分であり、多くの場合かなりのコストがかかります。近年の3D印刷の進歩は、新製品の市場投入までの時間を短縮しながら、耐久性のある金型のコストを劇的に削減するのに役立ちます。これまで以上に、顧客は生産環境に適した強くて正確で耐久性のある金型を3D印刷するために、Markforgedのマシンに目を向けるようになっています。

Markforgedが連続繊維複合材料や低コストなMIMベース(ADAM)の金属を印刷する能力が導入されるまで、積層造形はほぼ完全にプロトタイピングに限られていました。製造業者は現在、高価な金型の問題を解決するための技術を持っています。それを行うのに最大の障壁はなんでしょうか?それは教育です。Markforgedは実用的な3D印刷の利点について、製造業界の教育に取り組んでいます。その結果、製造業の展望は注目を集め始めています。

たとえばDixon Valveは、Markforgedプリンタを使用して、金属製と複合製のgripper jawsを作成しています。同社は製造環境の物理的および化学的な厳しさに耐えるのに十分強いjawsを必要としていました。彼らはまた、エンジニアが道具制作に要する時間を削減できるような費用効果の高い解決策を必要としていました。金属製のjawsは摩耗することなく研磨部品を保持することができましたが、複合製のjawsはエンジニアが24時間以内にロボットアームを再調整することを可能にしました。

耐久性のある工具の10~50%を製造工程で使用することで、製造業者はどこでも3D印刷ができるようになっています。3D印刷された部品と機械加工された部品のコスト削減率の平均がが80%だということをで考慮すると、これは大きな価値を表すことがわかります。多くの場合、より重要な要素は印刷された部品が以前より85%速く配達されることです。さらに、ラインの切り替え効率、ラインの最適化設計のサイクルタイムの短縮、不良率の低下、スループットの向上、さらにはオペレータへの人間工学的なメリットなど、ビジネスにも好影響を与える2次的なメリットがあります。製造現場で3Dプリントを採用することで出資した合計金額が収益に影響を与え始めていることがわかります。この革命はすでに始まっていますが、あなたは取り残されていませんか?