ブログ

Markforgedブログより:アセンブリ治具への活用について


製造技術者にとって最も一般的な課題の1つは、製品ラインツーリングの製造に追いつくことです。固定具、ツーリング、および治具を作成することは、作業セル内で日々の生産を安全かつ効率的に実行するために、オペレータおよび技術者にとって不可欠です。インライン検査用のCMM治具、ワークを保持するためのsoft jaw、またはサブコンポーネントを結合するための組立固定具など、カスタムツーリングの価値はどこにでもあります。

組立固定具を製作することは基本的に工具室に非常に負担がかかる。エンジニアリング設計に費やされる時間を考慮しなくても、伝統的な製造方法による組立固定具の製造は、非常に費用がかかり、時間がかかり、そして多くの人手を要する。チームは、さまざまな備品を作成するために、ミル、旋盤、切削加工、穴あけ、およびルーターを活用する必要があります。機械加工作業を使用することは、資本支出および工業プロセス面から非常に高価であるだけではない。ほとんどの環境で顧客の部品を製造するのに使用されるのと同じ装置が使われている。組立治具が一回で完璧なものが出ることも稀です。反復を実行することは工業デザインプロセスの前提となる部分ですが、その結果、完璧な治具を作成するための時間とコストが増加します。

現代の製造業のペースと縮小するマージンについていくために、工具室のリソースの必要性を克服し、反復作業を迅速に行うために積層造形のソリューションを探すことが次の課題です。Markforgedのお客様は、従来の製造に比べてわずかなコスト、時間、およびリソースで、多数の組立治具および治具を製造するために当社の複合印刷機および材料を利用しています。


例は次のとおりです。

天板取付板
圧入用途
カスタムパーツキャリアとPoka-Yoke
溶接およびはんだ付け治具
SMTマスクとアセンブリ
ファスナー駆動アセンブリ
G-NGゲージ
特定のアプリケーションのために、Eaton Corporationは現在支柱アダプタを作成するためにMarkforgedプリンタとコンポジットを使用しています。

Eatonは伝統的にそのアダプタを機械加工しようとしました、しかし、工場の環境に耐えることができる部分を生み出すようなプロセスはありませんでした。機械加工されたポリカーボネート製アダプターは繰り返し荷重で破損しましたが、応急装備の溶接アダプターはバラバラになりました。一度チームがMarkforgedの3Dプリンタを使い始めると、彼らは細断炭素繊維や繊維ガラスで強化されたナイロンなどの複合材料から支柱アダプタを印刷することができました。この部品は以前のアダプタより性能が優れており、機械加工されたアルミニウム製のものよりはるかに安価です。

Eatonのアプリケーションの詳細については、そのアプリケーションのスポットライトをチェックしてください。