ブログ

Markforgedブログより:カナダの製造業者の複合バイス


私たちはIMTS 2018でLean Machineのチームの何人かに会いました。そして幸運にも彼らがMarkforgedのプリンターの利用方法への洞察を得るために彼らにインタビューできました。

Lean Machineは、カナダのサスカトゥーンにある金属加工工場です。同社は2006年に機械工場として創業しましたが、現在は鉄鋼およびアルミニウム製造だけでなく、その他の多数の製造サービスおよびソリューションを提供しています。


Lean Machineによる画像提供

Lean Machineのエンジニアは、仕事に必要な金型が最終製品よりも製造コストが高いことが多いため、仕事を減らす必要がありました。彼らは、治具、取付具、工作物保持、および他の用途のための強力な機械的複合部品を製造することができるプリンタを必要としていました。チームは彼らのニーズに最も適したプリンタを見つけるために広範囲に調査し、その正確さ、費用対効果、そして連続的な炭素繊維材料のためにMark Twoの導入を決めました。「完璧だ。我々は正確さにも驚いたし、部品の機械的性能にも驚いた」と、Lean MachineのR&D製造エンジニアであるJosh Grasbyは述べました。


Lean Machineによる画像提供

彼らがMark Twoを購入して以来、Lean Machineのエンジニアは、従来の方法で部品を設計するのではなく、積層造形(またはDfAM)を用いた設計を採用しました。ベンディングツールからsoft jawsまで、チームは機械加工部門に負荷をかけることなく問題を迅速に解決することができます。「部品を印刷する作業場が社内にあるなんて信じられない」とJoshは言いました。


Lean Machineによる画像提供


チームはすでにMark Twoでの経験について、3D印刷された複合バイスに焦点を当てたブログ記事を公開しています。エンジニアは片持ちの工作物を切断するという課題に遭遇しました。会社の切断品質の基準を達成するためには、パスごとに少ない材料をより減らさなければならなかったのです。エンジニアは、5軸ガントリースピンドルのできるだけ近くに収まるように最初から複合バイスを設計したため、工作物の端部を効率的に加工できました。この部品は、設計、印刷、およびテストに数日しかかからず、ローラースラストベアリングや特殊なハンドブレーキなどの既製の部品で設計されていました。それぞれのバイスは2ダース以上の3D印刷された複合部品を組み入れました。そして、いくつかの部品は追加強度のためにガラス繊維や連続的な炭素繊維で強化されました。その結果は、Lean Machineによる以下の短いビデオで見ることができます。

Mark Twoを使用してわずか4か月後、Lean Machineは予想外の数多くの利点を発見しました。そのような利点の1つは、ねじ付きロッドを部品に貫通させてロッドにファスナを取り付けること、ならびに後の段階でクラウニングのために部品の形状を調整することができることである。「私たちは偶然それを発見した」とJoshは興奮して言いました。「偶然の発見と同じ数の驚きがあった」Joshとチームは現在、異なる方法で部品を作る方法について考えています。常に減法製造ルートを考えるのではなく、まずは積層造形法を検討しています。「私たちは現在、以前にはできなかった仕事を引き受けることができるようになった」とJoshは言いました。