ブログ

Markforged社ブログより:検査治具制作における従来方法と3D積層の違いについて


伝統的な製造検査治具
検査は製造工程の日常的な要素です。部品が生産ラインから外れると、正確な寸法を確保するためにいくつかの検査が行われます。このプロセスには特殊なワークホールディングが必要です。2つの例としては、CMM器具とチェックゲージがあります。

座標測定機(CMM)は、形状が仕様の範囲内かどうかを判断するために、部品上の複数の点を精査する精密なツールです。チェックゲージは、部品が基本的な許容誤差を満たしているかどうかを迅速かつ正確に判断するために使用される検査治具のもう1つの形式です。部品がゲージに収まる場合、その部品は仕様の範囲内です。

これらの固定具は剛性と精度が要求されるため、従来ではアルミニウムからカスタム加工される必要がありました。しかしながら、この方法は高価でありそして貴重な製造時間を使い果たします。機械加工部品の複雑さと共に労力が増すにつれて、複雑な形状を含む検査治具を製造することはさらに厄介になります。

フレンチホルン部品用のこのような複雑な表面を含むチェックゲージは、加工が困難で時間がかかります。


複雑な部品の加工が難しい理由
3軸ミルでは、アンダーカットを実行できないなど、マシン固有の制限によって形状が制限されています。これにより、特定のジオメトリが再現不可能になり、複雑なデザインを制限します。

部品が従来の製造法で設計されたあと、それはまだ完全に製造される準備ができていません。検査治具を加工する場合は、事前にCAMで準備しておく必要があります。このプロセスでは、在庫の削減に使用するツールを選択し、それらの各ツールパスをデザインします。複雑な形状は多くの切削作業を必要とすることが多いので、より複雑な部品はCAMでの多くの作業を必要とし、熟練した労働者は部品の製造に費やされます。その代わりに、複合3D印刷を利用して固定具を製造することで、高価で時間のかかるCAMプロセスを削減しながら、正確なワークホールディングを生産できます。MarkforgedのスライスソフトウェアであるEigerがすべてを用意します。ですので、あなたがしなければならないのはデザインのみです。

複合3Dプリント検査治具がどのように時間と費用を節約するのに役立つかについての詳細は、ウェビナーをご覧ください。あるいは、JJ ChurchillがどのようにMarkforgedプリンタを使用して、80%少ないコストで所要時間を70%削減してCMM治具を製造したのかというケーススタディをチェックしてください。