ARTEC Leoはオンボードの自動3Dプロセスを行う初の3Dスキャナで、最も複雑な3Dスキャンのワークフローもこなすため、まるでビデオでも撮っているような簡単さで3Dスキャンを撮ることができます。オブジェクトをスキャンしながら、リアルタイムでLeoのタッチパネルスクリーンで3Dレプリカを確認できます。3Dモデルを回転させ、すべてのエリアをキャプチャしたかを確認し、スキャンできていない箇所を充填します。

1秒あたり80フレームの史上最速プロ仕様ハンディ型3Dスキャナ

筐体全体の画像

1秒あたり80フレームの3D再現率を誇るARTEC Leoは、史上最速のプロ仕様ハンドヘルド3Dスキャナです。さらに、ARTEC Leoには広角レンズが搭載されており、大型オブジェクトや景色や現場を素早く正確に3Dスキャンし、処理することができます。それだけではありません。さらに向上した精度により、ユーザーは、まるでビデオカメラでズームインするような気軽さでスキャナをオブジェクトに近づけて焦点を合わせるだけで複雑なディテールをキャプチャすることができます。

最先端の3Dソフトウェア技術を融合

筐体全体の画像

ARTEC Leoは2つのパワフルな3Dソフトウェアプログラムをインストールし、ARTECが独自に開発した最先端の3Dアルゴリズムを採用しています。ARTEC Leoスキャニングソフトウェアとタッチスクリーンのシンプルなインターフェースがデバイスにプリインストールされており、スキャンとスキャナ本体でのリアルタイム処理が可能です。スキャンが終了したら、業界で絶賛されているARTEC Studioにデータを転送し、編集や複雑な処理や分析を行うことができます。

慣性センサーでスキャナの位置を自動認識

慣性加速度計、ジャイロ、コンパスが搭載されているARTEC Leoは、床と壁など、水平面と垂直面でさえ区別し、スキャナがある環境内のポジションを正確に把握することができる唯一のハンドヘルド3Dスキャナです。

慣性センサーでスキャナの位置を自動認識

慣性加速度計、ジャイロ、コンパスが搭載されているARTEC Leoは、床と壁など、水平面と垂直面でさえ区別し、スキャナがある環境内のポジションを正確に把握することができる唯一のハンドヘルド3Dスキャナです。

慣性センサーでスキャナの位置を自動認識

慣性加速度計、ジャイロ、コンパスが搭載されているARTEC Leoは、床と壁など、水平面と垂直面でさえ区別し、スキャナがある環境内のポジションを正確に把握することができる唯一のハンドヘルド3Dスキャナです。

慣性センサーでスキャナの位置を自動認識

慣性加速度計、ジャイロ、コンパスが搭載されているARTEC Leoは、床と壁など、水平面と垂直面でさえ区別し、スキャナがある環境内のポジションを正確に把握することができる唯一のハンドヘルド3Dスキャナです。

慣性センサーでスキャナの位置を自動認識

慣性加速度計、ジャイロ、コンパスが搭載されているARTEC Leoは、床と壁など、水平面と垂直面でさえ区別し、スキャナがある環境内のポジションを正確に把握することができる唯一のハンドヘルド3Dスキャナです。

慣性センサーでスキャナの位置を自動認識

慣性加速度計、ジャイロ、コンパスが搭載されているARTEC Leoは、床と壁など、水平面と垂直面でさえ区別し、スキャナがある環境内のポジションを正確に把握することができる唯一のハンドヘルド3Dスキャナです。