AUTODESK NETFABB 2020.0 新機能

 

 

修復と再メッシュ機能改善①

メッシュ間のギャップを修復し、有機的な表面または滑らかに湾曲した表面などの大きなギャップ幅を持った形状に最適です。

 

 

修復と再メッシュ機能改善②

これまで平面的に修復されていた穴部分に対し、周辺の曲率を考慮して修復されます。

 

 

修復と再メッシュ機能改善③

新しいremeshingアルゴリズムであるManifold Remeshを使うことで、閉じていないシェルを持つメッシュからでも有効な部品を作成することができます。

 

 

新しいサポート形状①

形状をラティス構造にすることによって、支持強度を犠牲にすることなく、または部分ごとの支持を必要とすることなく、凹部に達することができます。

アンダーカットを伴うオーバーハングにおいても剛性アップが期待できます。

 

 

新しいサポート形状②

サポートアクションによって作成されたバーサポートは、より強力なビルドプレートアタッチメントを提供するために、下端を複数のバーに分割することができます。

 

 

非ビルドゾーンの設定

通常のプラットフォームでもマシンワークスペースでも、利用可能。

読み込み部品は、非ビルドゾーンと通常配置の間で自由に変換できます。

ツールパス作成時やパッキングを実行しているときに、非ビルドゾーンが有効に機能します。

 

 

その他の機能改善

– 新しいマシンワークスペースとして、Cincinnati Inc.とSolidscapeが追加。

– 円に関連した測定において、距離を基準円の平面に投影せずに任意の円の中心間の距離を直接測定可能。

– 移動、回転、スケールのいずれかのアイコンをクリックして表示されていたギズモ表示が部分が選択されたときに常にアクティブになるように切り替えることが可能。

– Netfabbでスライス作成した際、第1層は常に空のスライスが作成されていますが、CLIおよびSLCファイルでは、この最初の空のスライスが省略し、空でない最初のレイヤで始まるように変更するための新しいスイッチが追加

– ハッチ生成方法において、一度に複数のレーザーによる露光のハッチを計算可能。

最新セミナー情報

更新日 : 2020.01.17