本格的な少量生産を目的とした工業向け3Dプリンタ
「INDUSTRIAL シリーズ」

INDUSTRIAL X7 とは

デスクトップシリーズの約3倍の造形体積を実現し、積層ピッチも50ミクロンまでの高精度を実現した生産性重視の産業用3Dプリンタです。最上位モデルのX7にはレーザー計測による積層工程内自動検査機構も装備し、造形品質にもこだわった本格的な3D積層製造支援装置です。

Markforged独自の長繊維によって強化された、用途に合わせた強化材料およびプラスチックを選んで造形することが可能です。

レーザー形 造形テーブルのレベリング調整

Markforged Xシリーズプリンターに組み込まれている造形テーブルのレベリング調整システムは、レーザーマイクロメーターを利用して±1マイクロンの精度で造形テーブルを測定し、平面を精密に調整します。これにより Xシリーズプリンターは 50μm の造形レイヤー高さをより高精度の寸法、高品質の表面を実現できます。

レーザー型 インプロセス インスペクション

X7 プリンターには、造形中の断面をレーザースキャンし、オペレータがプリントソフトウェア「Eiger」の形状モデルと比較し、造形物の精度を確認できますので、最高レベルの品質管理が可能になります。。

X7の特徴

強化繊維とのコンポジット造形

造形中にパーツを複合繊維で強化することで、完成したパーツの強度や剛性、耐久性を向上させます。

使用可能な強化材料

下位グレードでは扱うことが出来ない様々な強化材料を使用することが可能です。

仕様表

X3 X5 X7
ビルド容積 330 mm x 270 mm x 200 mm 330 mm x 270 mm x 200 mm 330 mm x 270 mm x 200 mm
プラスチック材料 Onyx、Onyx FR Onyx、Onyx FR Onyx、Onyx FR、ナイロンホワイト
繊維材料 ファイバーグラス カーボンファイバー、ファイバーグラス、 強度高耐熱ファイバーグラス、 ケブラー
Z軸積層ピッチ 50μm 50μm 50μm
レーザー型造形テーブル
レベリング調整
レーザー測定精度 ±1μm ±1μm ±1μm
レーザー型イン・プロセス
インスペクション
レーザー測定精度 ±1μm ±1μm ±1μm
製品に同梱されているもの X3 プリンター本体
材料キャビネット
クラウド版Eigerソフトウェア
800cc ONYXスプール
X5 プリンター本体
材料キャビネット
クラウド版Eigerソフトウェア
800cc ONYXスプール
50cc ファイバーグラス
X7 プリンター本体
材料キャビネット
クラウド版Eigerソフトウェア
800cc ONYXスプール
100cc 炭素繊維
50cc ファイバーグラス
50cc 強度高耐熱ファイバーグラス
50cc ケブラー

ONYX

ONYXは黒色のフィラメントであり、
ナイロン素材に短繊維カーボンファイバーを
混ぜたマイクロカーボン強化ナイロンです。
プラスチックの2倍(ABSの1.4倍)の強度と高い耐熱性を持ち、
工業製品として問題ないパーツを造形することが可能です。
ONYXを使用し造形したパーツは
優れた表面仕上げを実現しております。

ファイバーグラス

ファイバーグラスは、ファイバー素材で
最もコスト効果に優れた材料です。
ONYXのみの造形と比べて2.5倍の強度と
8倍の硬度が備わっています。
強度と頑丈さが求められる様々な
パーツ製造に最適です。

ONYX

ONYXは黒色のフィラメントであり、
ナイロン素材に短繊維カーボンファイバーを
混ぜたマイクロカーボン強化ナイロンです。
プラスチックの2倍(ABSの1.4倍)の強度と高い耐熱性を持ち、
工業製品として問題ないパーツを造形することが可能です。
ONYXを使用し造形したパーツは
優れた表面仕上げを実現しております。

カーボンファイバー

カーボンファイバーは、重量あたりの強度と
熱伝導率が最も高い材料です。
ONYXのみの造形と比べて
6倍の強度と18倍の硬度が
備わっています。
カーボンファイバーにより、
羽のような軽さと、
最高の強度と高度を得ることが可能です。

Eiger/ソフトウェア

複合繊維による造形において、Markforged社の3Dプリンターを支える技術として重要なのがこのソフトウェアです。MarkforgedのソフトウェアであるEigerは強力でありながら操作は簡単。図面のインポートや高強度の造形のためのスライスを、お使いのブラウザ上で簡単に行えます。

コンポジット造形を可能にする「CFF方式」

Continuous Filament Fabrication

2つの材料を組み合わせることで形成されるパーツは耐久面で非常に優秀です。独自の製造プロセスをご紹介いたします。

設計

部品データを作成し、STL形式でアップロードします。ソフトウェア「Eager」でカーボンファイバー、グラスファイバー、ケブラーなどの複合材料を選択します。

強化

CFFは一度に1層ずつプリントします。1つ目ノズルはプラスチックマトリックスを作り、2つ目のノズルは全体に繊維を巻きます。

完成

航空機用グレードのアルミニウムと同じぐらい強く、軽量化されたCFF技術で形成された部品は、機械加工用の工具、治具、および試作品としてすぐ使用できます。

最新セミナー情報

更新日 : 2020.03.13