機能 / 仕様

プロジェクトの要求に応える数々の機能

Geomagic Design Xの広範なツールセットは、信頼のCAD機能、業界最高峰のスキャンデータ処理機能など、様々なプロジェクトに適用するために必要な能力を備えています。
数十億点ものスキャン点群を処理し、メッシュ化などの必要なく直接点群からCADモデルの作成が行える機能もあります。

またCAD経験者ならすぐにGeomagic Design Xを使い始めることが可能です。
洗練されたユーザインタフェースは今まで以上に使いやすく、早く正確にモデルを作り上げることができるようにできています。

幅広いスキャナに対応した3Dスキャナ制御ツール

Geomagic Capture スキャナと完全統合されています。

Geomagic Design X 2016 から SOLIDWORKS への 自動化された LiveTransfer

Live Transfer™ は業界を代表する CAD システムへの出力データをサポートします。

メッシュおよび点群データの位置合わせ

大量のメッシュおよび点群データの位置合わせ、処理および調整、メッシュ構築を専門的に処理します。

60以上のフォーマットをサポート

ポリゴン、点群、CAD を含む 60 以上のファイル フォーマットの読み込みをサポートします。

使いやすいメッシュ修復ツール

使い易いメッシュ修復ツールは、スマートブラシなどの迅速な穴埋め、スムージング、最適化、再ラッピング、研磨ツールを提供します。

ソリッドおよびサーフェース抽出

3D スキャンデータから自動的にフィーチャベースのソリッドやサーフェースを抽出します。

自動 Accuracy Analyzer™

Accuracy Analyzer™ ツールでサーフェース、ソリッドおよびスケッチをオリジナルのスキャンデータと比較検証します。

CADソフトウェアと同じ手順

CAD と同じようにソリッドまたはサーフェースの作成が可能です。

動作環境

OS – Windows 7
– Windows 8
– Windows 10
注:* Parallelsを含む仮想環境を使用した設定はサポートされていません
CPU – 最低2 GHzのクロック速度*を持つIntel®およびAMD®プロセッサ
– 推奨:マルチコアプロセッサ。ハイパースレッディングと3 GHzを超えるクロック速度は有益ですが、バランスの取れたコアと組み合わせる必要があります。
RAM – 最小:8 GB
ハードディスク – 30 GB以上を推奨
– 一時ファイルキャッシュには、1億ポイントごとに約3 GBの空きディスク容量が必要です。
– 推奨:256GB以上の容量を持つSSDまたは10000 RPM HDD
表示 – 32ビットトゥルーカラーが必要
– 最小解像度:1280 x 960
– 推奨解像度:1280 X 1024以上
GPU ビデオカードRAM:4GB以上
ビデオカードフレームワーク:OpenGL 4.0以上をサポートする必要があります
シリーズ:NVIDIA GeForce 900シリーズまたはNVIDIA Quadro相当以上
AMD Radeon 400シリーズまたはRadeon Pro相当以上
注意:
推奨されていないカードを使用すると、ランダムなクラッシュ、グラフィックの異常、またはデータの破損を招く可能性があります。ご自身の責任で、推奨されていない構成を使用してください。
その他 – スクロール付き3ボタンマウス
– サウンドカード
– キーボード
– ネットワークカード
– Internet Explorerバージョン7.x以上
– Adobe Acrobat / Readerバージョン5.x以上
– レポートツール用のMicrosoft Office 2003、2007、または2010
– Microsoft Windowsインストーラ3.0
– Microsoft DirectX 9.0c以降
– Microsoft .NET 4.0または4.5 Framework

最新セミナー情報

更新日 : 2019.07.17