logo Fusion 360|クラウド型 3D-CAD プラットフォーム

logo

製品詳細

MENU

LINE UP 製品詳細

Fusion360

クラウドベース 3D-CADプラットフォーム
Fusion360

PRODUCT FEATURES 製品特徴

3Dデザインとモデリング

製品開発向けの包括的なモデリング機能を搭載したツール セットです。さまざまな解析方法で製品の形状、適合性、機能を確認できます。

フリーフォームモデリング

フリーフォームモデリング

Tスプライン機能を使用して複雑なサブディビジョンサーフェスを作成し、直接的なプッシュ/プル操作で編集することができます。

サーフェスモデリング

サーフェスモデリング

複雑なパラメトリックサーフェスの作成と編集機能によって、ジオメトリのデザインや修復、パッチの作成などが行えます。

パラメトリックモデリング

パラメトリックモデリング

押し出し、回転、ロフト、スイープなど設計変更に合わせて更新される履歴ベースのフィーチャーを作成できます。

メッシュモデリング

メッシュモデリング

読み込んだスキャンデータやメッシュモデル(STL、OBJファイルなど)の編集、修復ができます。

ダイレクトモデリング

ネイティブでないファイル形式でインポートしたジオメトリを編集、修復することができます。フィーチャーの更新履歴を気にすることなく設計を変更できます。

スケッチ

拘束や寸法など多彩な機能が搭載されたパワフルなツールで、スケッチの作成や編集を行いましょう。

シートメタル

シートメタルの構成部品を設計し、2D図面とDFXファイルからフラットパターン図面を作成して、ウォータージェット、レーザー、プラズマ切削機など様々な切削方法で製造できます。

アセンブリ

従来のボトムアップ、ミドルアウト、トップダウンいずれかの方法でアセンブリを設計し、その動作を解析できます。

PCB設計の統合

AUTODESK EAGLEと連携し、電子機器に関する設計変更が、シームレスかつ双方向に同期されます。

電子設計

Fusion 360 に搭載される回路図設計、PCB レイアウト、ルーティングなどのインテリジェントな機能をフル活用して、設計に命を吹き込みましょう。

回路図キャプチャ

回路図の編集に必要な機能をすべて搭載。アイデアが思いのまま形になります。

PCB レイアウト

PCB レイアウト用のツール一式がアイデアをつなげ、完全な設計へと導きます。

PCB 製造(CAM)

ボタンをクリックするだけで、Gerberファイル、ドリルファイル、アセンブリファイルを生成できます。

製造可能性を考慮した設計/DRC

カスタマイズ可能な設計ルールを使用して、製造要件を必ず遵守できます。

MCAD と ECAD の統合

MCADとECADが完全に統合された設計ソフトウェアなら、最初から確実に適合するPCBを設計できます。

コンポーネント ライブラリの管理

すでに用意されているPCBライブラリコンテンツやコンポーネントウィザードを利用すれば、パーツを作成する必要がなくなり設計に集中できます。

SPICE シミュレーション

フル機能を備えたSPICE シミュレーションで、設計初期から回路図の正確性を確実にします。

電子機器冷却

筐体内の過剰な熱を除去して、内部コンポーネントに損傷を与えないようにします。

シミュレーション

設計が実際の条件に適応可能かどうかをテストしましょう。製品のデジタルシミュレーションを実行し、実績のあるソルバを使用することで、プロトタイプ作成にかかるコストを削減できます。

クラウド シミュレーション

クラウドクレジットを使用すれば、高価なハードウェアがなくても複数のテストを素早く設定し、解析することができます。

広範な解析機能

非線形、イベントなど、最大8つの異なる破損基準をテストできます。

静的応力

静的荷重による変位、応力など、パーツやアセンブリに対する様座な作用を調べることができます。

モード周波数

システムの固有周波数を把握することで、破損につながる振動を回避することができます。

熱伝導と熱応力

熱伝導と熱の構造の連成解析を行うことができます。

座屈

細長い部材に圧縮荷重がかかった場合に予期せぬ不具合が生じないかどうかを、シミュレーションで検証します。

非線形応力

設計の永久変形や非線形材料を解析できます。

イベントシミュレーション

さまざまな衝撃のシナリオに設計が耐えられるかどうかを確認できます。

シェイプ最適化

統合されたシミュレーション機能で不必要な領域を特定し、設計を軽量化できます。

ジェネレーティブ デザイン

ジェネレーティブ デザインとは、自然が進化する手法をデザインで模倣するもの。人間とコンピューターが共同で作り出すデザインや、その制作手法のことを指します。
最新のコンピュテーショナルテクノロジーを利用して、より素早く最適解を探るための技術です。
usion 360のジェネレーティブ デザインでは、分類としてはトポロジー最適化の計算手法の一つであるレベルセット法を採用するとともに、複数の製造条件と素材をクラウドテクノロジーの活用により並行処理し多数の案を生成できることが特徴です。

Fusion 360 に搭載される回路図設計、PCB レイアウト、ルーティングなどのインテリジェントな機能をフル活用して、設計に命を吹き込みましょう。

製造可能で仕様を満たしている複数の設計案を検証し、重量の削減、性能の改善、パーツの統合などを行います。

プロジェクト目標の定義

設計要件、制約、材料、製造オプションなどを指定すれば、製造可能な形状を生成できます。

設計の生成と検証

複数の設計案を同時に生成し、製造プロセスや製品性能の要件について比較検討できます。

CAD 対応ファイルの書き出し

ジェネレーティブデザイン機能で生成した設計を選び、CAD対応のジオメトリを書き出したり、FUSION360に読み込んだりできます。
また、Tスプラインツールを使用して書き出したデータを微調整したり、外観の要件に応じて編集できます。

クラウド解析

クラウドクレジットを使用して様々な設計を同時に解析することで、時間を節約してほかのタスクに集中することができます。

ドキュメンテーション

2D 製造図面

3Dで作成したパーツや、アセンブリと関連付けられた製造指示を含む総合的な図面を作成できます。

レンダリング

ローカルレンダリングやクラウドレンダリングを活用して、写真のようにリアルなモデルのイメージを作成できます。

アニメーション

アセンブリの3Dの分解図やアニメーションを作成して設計内容のコミュニケーションに役立てることができます。

コラボレーション

データ管理は、開発プロセスの統合を実現するうえで核となる重要な要素です。
ユーザー権限の管理、バージョン管理、クラウド ストレージなどの機能を活用して管理能力を強化しましょう。

管理ツール

ツールコレクションには高度な管理機能が搭載されています。権限を詳細に決定し、社内外の関係者に割り当てることができます。

ユーザー管理

社内外の関係者とと開発プロセスを共有しながらプロジェクトを進めましょう。プロジェクト管理機能で、ユーザーのデータへのアクセス権を管理できます。

ファイルの書き出し

業界標準の様々なファイル形式で書き出すことができるため、外部との共有やコラボレーションが容易に実現します。
STEP、DWG、DXF、OBJ、STL、IGESなど多数のファイル形式に対応しています。

バージョン管理

社内外の関係者とと開発プロセスを共有しながらプロジェクトを進めましょう。プロジェクト管理機能で、ユーザーのデータへのアクセス権を管理できます。

クラウドストレージ

いつでもどこでも、あらゆるデバイスからデータにアクセスできます。インターネット接続がない場合にも、オフラインモードで作業を継続できます。

AnyCAD

ファイルの変換が不要になります。ほかのツールで作成したモデルやデータを直接FUSION 360の設計で使用することができます。

チーム参加者

Fusion 360 のサブスクリプションには、すべてのデータ管理機能が含まれています。また、この機能を別途ご購入いただくことも可能です。Team Participant は、データ管理機能とコラボレーション機能のみにアクセスできるライセンスです。これをチーム参加者に割り当て、制限付きユーザーとして環境に追加することもできます。

製造プロセス

CAD + CAM が 1つに統合された Fusion 360 なら、手戻り、欠陥、納期遅延などの収益に影響を及ぼす問題を回避できます。HSM テクノロジーを活用してツールパスをすばやく生成し、サイクル タイムを削減し、機械や工具の摩耗を抑え、高品質なパーツの製造を実現しましょう。

3D プリンティング

製造前にプロトタイプを素早く作成し、設計を検証できます。設計変更による影響を軽減でき、従来より短期間で製品の製造を行えます。

CAM

オートデスクの完全に統合された製造ツールでは、設計を変更するたびにツールパスが更新されるため、素早く簡単にプロトタイプを生成できます。

LINE UP



CONTACT 問い合わせ