多彩なマルチモデル変換モデリング

ボクセル、サーフェス、ソリッド(入力)の3つのカーネルを搭載し、ハイブリッドなマルチモデリング環境で自然界に存在するあらゆる形状表現が可能です。

ボクセルモデリング機能

デフォーム

クレイモデルの変形をデフォームボックスなど、任意領域の指定を行うことにより実現できます。

SHAPEツール

指定した輪郭範囲で形状変形を加える際、元面との境界に対する接合性を保持し、より滑らかなモデル形状の生成が可能です。

スムージング

スムージング対象範囲の境界線をぼかすことにより、より滑らかなモデル形状の生成が可能です。

エンボス

BAMP、JPEG等の画像データからモデリング形状を作成します。複数の画像で段階的にモデルを作成することにより、一般的なエンボス機能に比べてより立体的な形状やシボ模様の作成ができるようになります。

モールド機能

シェル化(オフセット)

クレイモデルを一定の肉厚でシェル化(空洞化)します。

従来のサーフェス、ソリッドデータではオフセットが失敗する可能性がありますが、ボクセルモデルであれば確実にモデルのオフセット、シェル化が可能です。

PL面作成機能

自動でパーティングラインを作成し、型割からパーティング面作成までの機能を搭載しています。

インターフェースとソフトウェア対応表

Geomagic
Freeform with Touch
Geomagic
Freeform with Touch X
Geomagic
Freeform Plus with Touch
Geomagic
Freeform Plus with Touch X
3次元デバイス Geomagic Touch Geomagic Touch X Geomagic Touch Geomagic Touch X
スタンダード・ボクセルモデリング
アドバンスド・ボクセルモデリング
サーフェスモデリング
ソリッドモデリング × ×
モールドモジュール × ×
レンダリング

入出力インターフェイス

Geomagic
Freeform with Touch
Geomagic
Freeform with Touch X
Geomagic
Freeform Plus with Touch
Geomagic
Freeform Plus with Touch X
.psd,.ai,bmp,obj,STL
IGES,STEP

動作環境

最小スペック 動作推奨(確認済み)スペック
HDD空き容量 30GB以上 80GB以上
OS Windows 7,8,10(64-bit) Windows 7,8,10(64-bit)
メモリ 4GB以上※ 16GB以上
モニター解像度 1920×1080以上
グラフィックスボード NVIDIA Quadroシリーズ(OpenGL 3.0以上対応)
CPU
Intel Dual-Core Xeon(Woodcrest)
5150(2.66GHz,4MB L2,1333MHz FSB)
Inetl Xeon E5-2670(2.60GHz,20MB,8core)
Inetl Xeon E5-1650(3.2GHz,12MB,6core)
Inetl Core i7-3820(2.70GHz,8MB,4core)

※ Autosurfacerを使用する場合は8GB以上(Geomagic Freeform Plusのみ)

TouchXの場合 EthernetポートまたはUSBポート

Touchの場合 USBポート

Phantomの場合 ECP/EPP対応のパラレルポート
※パラレルポートの拡張ボードは開発元指定の物がございますので、増設する場合には弊社までお問い合わせください。

Omniの場合 IEEE-1394aポート
※NEC製チップ搭載ボードは動作保証対象外となります
※IEEE-1394aポートはWindows7まで動作が保障されております。