機能 / 仕様

EUREKA シミュレーションの機能

EUREKAは、シンプルなインターフェースでGコードに対する完全な3次元シミュレーションを行います。
プログラミングミスによる材料、工具、ホルダー、加工機の破損を防ぎます。
また充実したカスタマイズ環境もあるため、世界中の多くの主要メーカーに採用されています。
HeidenHain、Fanuc、Siemens、Num、Osai、Z32、Fidia、Selcaなど、あらゆる加工機・コントローラに対応し、必要に応じてインテグレーションも可能です。

優れたマシン干渉チェック機能

治具・材料・切削工具・スライド軸・ヘッド・タレット・テーブル・スピンドル・ツールチェンジャー及び任意に定義したオブジェクトなど、全てのコンポーネント間の干渉とニアミスを検出します。

充実した検査・測定機能

製品モデルとの形状比較や断面表示、体積、距離、角度の測定機能のほか、MDI操作で軸のジョブ操作やピックした工具位置決めをサポートしています。

レポート出力機能

シミュレーション結果をレポートとしてExcel形式もしくはHTML形式で出力できます。

EUREKA フリービューワ

Eureka Viewerはライセンスフリーのスタンドアロンソフトウェアです。機械設備現場など複数のPCで動作ミュレーションが可能です。

※Eureka Viewer用のファイルを作成するためには別途費用が必要となります

EUREKA クラウド機能

リモートサーバーによるシミュレーションモジュール。シミュレーションファイルを共有フォルダにアップするだけで、あとはEurekaCloudが処理をします。

モバイル機能

Eureka Virtual Machiningで行ったシミュレーション及びその結果が携帯電話を含むモバイルデバイスにて閲覧できます。

トレーニング・教育

Eurekaは加工機がなくても教育環境でISOプログラミングやトレーニングなどに役に立つツールです。

Eureka Robot ロボット加工向けリアルタイムシミュレーション

Eureka Robotではミリングセンター並みの信頼性で6軸加工ロボットをプログラミングできます。
Eureka RobotはCAMシステムから出力されたAPT・ISOコードを専用ポストプロセッサーで6軸以上ロボットのプログラムを作成します。Eureka Robotはポストしながらロボット動作の最適化し、加工プロセスを完全にシミュレーションします。
ソフトウェアは干渉やリミットオーバーなどの問題を検出・修正します。干渉チェックは加工物を含む全要素を対象とします。64ビット版はファイルサイズに制限がなく、よりハイスピードで処理をします。

ロボットのワークエリアに対して現実的の全体3Dシミュレーション

リアルタイム切削シミュレーション

干渉チェック、リミットオーバーなどの問題を検出

自動工具変更管理

数百万点の巨大ツールパスを処理

ロボット軌道パス編集

ディスク加工

ロボット本体にマウントされた加工財

全種類のロボット対応(*1)

ディスク加工(*2)

(*1) ABB, Kuka, Fanuc, Motoman, Kawasaki, Staubli, Comauなど

(*2) ALPHACAM, VISI, RTM, EDGECAM, GO2CAM, CAMWORKS, CREO, MASTERCAM, CIMATRON, GIBBSCAM, DELCAM, WORKNC, TEBIS, ZW3D, WINTOOL, ZOLLER TMSなど