DICOMデータ用3次元可視化・計測・STL / FEMデータ出力ソフトウェア

ZedViewは2D連続スライス画像から3Dモデルを作成・表示・計測するソフトウェアです。 CTやMRIで撮影した、DICOMをはじめBMP / TIFF / RAWデータのスライス画像に対応しており、3Dポリゴンで構成されたサーフェースモデルを作成します。作成した3DモデルはCADデータとして出力できますので各種シュミレーション・有限要素法解析(FEM)・構造解析・ラピッドプロトタイピングによる実体模型作成などの様々な分野での応用が出来ます。また、2D / 3Dの各種計測機能・データベースによるデータ管理機能など他にも様々な機能を持ち合わせております。

開発元:株式会社レキシー

ZedView:DICOMデータ用3次元可視化・計測・STL/FEMデータ出力ソフトウェア

仕様

データベース機能

ZedView DBによって、読み込んだデータの一括管理が可能です。 DICOMデータの場合はヘッダー情報に基づいて様々なパラメータ(患者名、ID、性別、日時...etc)を表示して管理でき、また、データベース上でもAxil / Sagittal / Coronal画像を表示して確認することもできます。さらに登録したデータに対してパラメータ編集、DICOMまたはBMPとしてエクスポートも可能です。

データベース機能

マスク/セグメンテーション機能

マスクを作成して3D化することが可能です。 作成したマスクはペンツールにて簡単に描画・削除の編集が可能でセグメンテーション機能により連続性のあるマスク領域だけを抽出して3D化することができます。 編集はAxial画像に加えてSagittal / Coronal方向からも編集できます。 また、マスク領域の面積 / 体積の算出も可能です。

マスク/セグメンテーション機能

3次元可視化機能

輝度の閾値、あるいは、マスクを作成して3次元化することが可能です。マスクを使う場合、作成したマスクは簡単に編集可能で、セグメンテーション機能を使って連続性のあるマスク領域だけ抽出したり、Region Growing機能を 使って特定領域だけを抽出して3次元化することができます。マスク編集機能はAxial画像に加えてSagittal / Coronal方向からも編集できます。 また、マスク領域の面積 / 体積の計測も可能です。

3次元可視化機能

任意断面の可視化が可能

例えば、Axial方向にスライスされた連続画像を見て、Sagittal方向にスライスした画像を想像するのは難しいことです。 ZedViewでは、読み込んだスライスデータから、本来の軸方向とは異なる方向の任意断面を表示することができます。 これにより、形状内部の様子を更に詳細に理解することが容易になります。また、3Dモデルとの同時表示も可能です。

任意断面の可視化が可能

計測機能

3D再構築機能に加えて計測機能を持ち合わせています。作成した各マスクの領域に対して面積計測・体積計測をすることが可能です。 計測対象領域を領域拡張機能で輝度範囲を指定して部分抽出を行い簡単に計測を行えます。輝度が薄くてどうしても計測できない領域があったとしてもマスクを自由に書き消しして計測領域の編集が可能となっております。 また、生成した3Dモデルに対して2点間の表面距離と直線距離の計測、2Dスライス画像上にて2点間の距離と角度計測が行えます。

計測機能

Windows環境での簡単操作

ZedViewはWindowsXP / 7 環境で動作するソフトウェアです。Windowsのグラフィカルで使い易い操作環境により、あまりコンピュータの知識を必要とせずに簡単に操作することができます。従来、3D再構築の処理には高価なワークステーションが必要とされていましたが、近年のパソコンの能力向上により、廉価でパーソナルな快適環境を実現しました。