機能 / 仕様

CT, MR, CBCTなどさまざまな撮影画像をサポートしており、HD 3D imageの 高解像度出力が可能です。
信頼できるユニークな自動セグメンテンションツールと1台のワークステーションで時間の効率化を可能としています。
また、自動彩色機能や補強機能など3Dモデルを編集機能や、VR機能を搭載し作成した3Dモデルを活用することができます。

3Dモデル編集機能

簡潔で直感的な操作・編集のデザインツールと自由度の高い3Dモデリング編集機能を搭載しています。

・スムージング
・厚みつけ
・詳細化
・トリミング
・空洞化
・シェル化
・彩色
・補強
・ラベリング

バーチャルリアリティ(VR)機能

データは瞬時にVR空間へ転送でき、3Dモデルの結果がすぐに確認できます。
VR機能ではモデリングデータへのウォークスルー機能で空間全体を把握することが可能です。奥行きのある視野で操作性にすぐれています。

動作環境

D2Pのみ

CPU Intel Core i7
RAM 16GB RAM DDR3 800 MHZ
OS Win7 or Win10 OS 64bit
モニター 1920:1080 以上
HDD 500 GB以上の空き容量

D2P+VR

メインボード LGA 1151 Intel® 6th/7thGeneration Core™ ATXServer Board
CPU CPU + Cooler i7-6700K
OS WIN10 64bit
RAM 16GB DDR4 U-DIMM
ケース 電源をのぞくCHASSIS, 7-slot ATX chassis
GPU Gigabyte GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X 2560 Core
HDD WD 1TB 2.5″ HDD
SSD 256GB 2.5″ M1100 SSD
モニター 23″ full HD