Can Touch社:
Evaが3Dプリントした腓腹筋のプロテーゼ作成に貢献

 このストーリーは、オルガというロシア人の少女が産業用3Dプリントサービスを手がけるロシアのオンラインサービス会社Can Touchに、ある特別なリクエストをしたことで始まりました。オルガはスカイダイビングという危険を伴うエクストリームスポーツに夢中でした。あるとき、スカイダイビング中に右脚の腓腹筋を負傷したため、筋肉組織をほとんど失い、左脚と比べてその違いは明らかでした。このため、オルガは自分の外見にコンプレックスを抱いていました。そこで、彼女の脚にぴったりと装着できるよう設計されたプロテーゼが欲しかったのです。

Evaが3Dプリントした腓腹筋のプロテーゼ作成に貢献

Threeding社:医学研修/研究で使える3D解剖学用モデルをWeb配信

 Threeding社では無料ダウンロードや有料ダウンロードしたり、同社のプリントサービスを使ってプリントしたりできる3Dモデルを提供しています。先日、Threeding社によるブルガリアの国立軍事史博物館のアーティファクトのスキャンプロジェクトについてお伝えしました。最近、芸術作品やデザイン作品の3Dモデルを各種揃えている同社のオンラインデータベースの品揃えがさらに拡充され、医師、医学生、さらには人体に興味を持つ誰でもが入手できる人体の解剖用モデルシリーズの提供も開始しました。

医学研修/研究で使える3D解剖学用モデルをWeb配信

ケルステンリハビリテーション工学:
身体障害者のためのカスタマイズ製品

 Threeding社では無料ダウンロードや有料ダウンロードしたり、同社のプリントサービスを使ってプリントしたりできる3Dモデルを提供しています。先日、Threeding社によるブルガリアの国立軍事史博物館のアーティファクトのスキャンプロジェクトについてお伝えしました。最近、芸術作品やデザイン作品の3Dモデルを各種揃えている同社のオンラインデータベースの品揃えがさらに拡充され、医師、医学生、さらには人体に興味を持つ誰でもが入手できる人体の解剖用モデルシリーズの提供も開始しました。

身体障害者のためのカスタマイズ製品

Patrick Thorn & Co.社:
耳介に奇形のある子ども用に3Dインプラント

 毎年、10万人以上の子どもたちが王立こども病院 (別名、「ザ・シック・キッズ」)を訪れます。エディンバラにあるこの病院は、耳の弾性軟骨の先天的奇形に苦しむエリーのような子どもたちを治療しています。医学用語では「小耳症(ミクロティア)」と呼ばれ、このミクロティアという言葉は、「耳の異常な小ささ」を表すラテン語に語源があります。この症状のある患者さんの中には、耳介(耳の外側)が存在しないように見えるぐらいとても小さくなっている人たちがいます。

耳介に奇形のある子ども用に3Dインプラント

バセドウ病患者用
カスタマイズアイマスクの作成

 バセドウ病の発症率は男性で0.5%、女性で3%となっており、その一般的な症状の1つが眼球突出(片方または両方の眼球の突出)です。眼球突出とこれによる眼球の不動性により、過剰な流涙、羞明、視野狭窄が起きます。この病態を改善するため、通常、バセドウ病の薬理学的、ホルモン療法からスタートし、眼球突出に対しては手術が行われます。

カスタマイズアイマスクの作成

トルコの医療チーム:
顔の軟組織の変化を測定

 長年、この医療チームは頭部測定法というこれまでの方法を用いて頭部や顔の比率の研究を行ってきました。磁気共鳴映像法(MRI)、コンピューター断層撮影法(CT)、コーンビームCT(CBCT)などのスキャニングソリューションも使用しています。しかし、アクデニス大学のトルコ人研究者は、これらの従来の方法は精度に乏しいと指摘します。これらの方法からそれぞれバイオメトリックデータを取り、これを組み合わせて臨床分析すると、測定結果にブレが生じます。これらの結果が考慮されることはほとんどなく、事実上、医療現場におけるパンドラの箱のような存在でした。

顔の軟組織の変化を測定

AVSAR美容整形病院:
手に触れることができる新しい顔

 どの整形手術の患者さんも「整形後はどのような見た目になるんだろう」という複雑とも思えるリスクに直面しています。どのような見た目になるかは神のみぞ知るとも言われますが、トルコのヤクップ・アヴサー医師は、患者さんに「整形後の見た目」を見せることに成功しました。
イスタンブールにあるAVSAR美容整形病院の設立者であるアヴサー医師は、手術後の見た目を見せるために、患者さんのマスクを作りました。この最近あらゆる業界でこぞって使用されているツールを使う実用的な利点がいくつもあります。まず、患者さんに手術後の見た目を正確に伝えることができるという点です。次に、患者さんに現実的な期待をもたせると同時に、手術の限界についても理解してもらいます。最後に、医師にとっても、3Dで確認できるため手術のヒントになります。

手に触れることができる新しい顔

IMA solutions:
バーチャルリアリティを採用した未来の医学研修技術

 3Dとバーチャルリアリティは世界中のあらゆる業界でますます採用されるようになりました。特に、その精密度、使いやすさ、汎用性により、医療分野では特に一般的に用いられるようになっています。Artecの長年のお取引先であるIMA solutionsは、最先端の3Dスキャンとバーチャルリアリティを組み合わせ、医療現場と研修方法を大幅に変えるための画期的なプロジェクトに携わってきました。

バーチャルリアリティを採用した未来の医学研修技術

最新セミナー情報

更新日 : 2020.01.21