DataDesign - Degital Process Innovation DataDesign - Degital Process Innovation

NEWS & COLUMN お知らせ・コラム

お知らせ 製品情報 2020.07.02 更新

Geomagic Wrap 2021がリリースされました!

Geomagic Wrap 2021がリリースされました!

Geomagic Wrapは業界で最も知名度の高いツールセットです。3Dスキャンデータとインポートファイルを3Dモデルに変換し、さまざまな業界の下流エンジニアリングアプリケーションですぐに使用できます。


Geoamgic Wrapの新機能と強化機能により、設計を促進して、市場投入時間を短縮できます。

  • 新しいスクリプトエディターと充実したドキュメントでPythonによる自動化の習得と実行を簡単に
  • マクロドキュメントの強化により日々のワークフローをスピードアップ
  • 新たに強化されたテクスチャリングツールで着色とテクスチャリングのワークフローを合理化
  • 新しいサーフェスチェックツールでオブジェクト間の比較機能を実装
  • 新しいメッシュ構築手法で不完全なロングレンジデータを処理

 


 

1)スクリプトの自動化
新しいスクリプトエディターでは特殊な用途のワークフローもカスタマイズできます。
これにより、より優れたユーザーエクスペリエンスと習得時間の短縮を実現して、小~大規模の自動化や独自のプロジェクトを実装できます。
オートコンプリートやコンテキストのハイライトなどの新しい機能は、強化されたAPIドキュメントで補完されています。
このドキュメントは、Geomagic Wrap内または3D SYSTEMSカスタマーサポートセンターのウェブサイトからアクセスできます。
また、新しいマクロにより機能性が向上しました。

2)テクスチャリングツール
新しいテクスチャリングツールで着色とテクスチャリングのワークフローを合理化します。
Geomagic Wrap 2021ではテクスチャマッピングツールが全般的に強化されており、モデル上で独自のテクスチャグループを制御できます。
このような新しいツールにより、後工程での使いやすさを考慮しつつ、より上質でよりロジカルなテクスチャマップを作成できます。

3)HDメッシュ構築
新しいHDメッシュ構築手法により、点群データからポリゴンオブジェクトを効果的に作成します。情報が欠如している、あるいは時間のかかる大型のデータセットをスキャンする場合、これは特に骨の折れる作業です。HDメッシュ構築手法ではこのような課題を克服できるだけでなく、精密メッシュを短時間で作成できます。

4)検査ツール/分析ツール
新しい分析機能により、オブジェクト間の3D比較モデルを保存し、プロセスを容易に調整・検証・確認ができます。
・比較結果の注釈表示を使用して、モデル領域をより詳細に確認できます。
・モデルマネージャーで現在と過去の3D比較結果を参照しながら作業ができます。

Geomagic Wrap 2021詳細情報はこちらから!