logo Markforged|カーボンファイバー/金属対応3Dプリンタ

お知らせ&コラム

MENU

NEWS & COLUMN お知らせ&コラム

コラム 2020.04.06 更新

流行曲線を平坦にするために3Dプリントができること

コロナウイルスの感染拡大を食い止めるのに3Dプリンティング技術が大きな注目を集めています。
複合材料と先端材料のニュースサイトで、Markforgedの功績が紹介されていましたのでこちらでもご紹介いたします。

先に紹介している記事と内容はほとんど同じですが、 より分かりやすい言葉で書かれていましたので、お時間のある方はご覧ください。
今日、MarkforgedのCEOであるGreg Markが、Markforged社で取り組んでいる医療用品不足のギャップを埋める方法、および3Dプリンティングが危機的状況の間に迅速な生産のための効果的なオプションになっていることをこの場で紹介いたします。
3Dプリンティングは、コロナウイルスの広がりの曲線を平坦化する重要なツールとして浮上しており、医療従事者が仕事に必要なツールを備えています。
彼らはCOVID-19タスクフォースを通じて、病院やヘルスケアプロバイダーと協力して、換気装置やマスクなどの3Dプリントできる製品やサプライ品、およびサプライチェーン全体のボトルネックを緩和する方法を調査しています。
元サイトでは現在のパンデミック時にMarkForgedが何をしているのかについてインタビューを行っており、音声を聞くことができます。

正常に動作しない場合はお手数ですが下記フォームの情報をまでメールにて送信ください。