Geomagic Sculptはサーフェス、ソリッドではなく粒子(ボクセル)による表現技術を利用した3次元モデラーです。
ボクセルによってモデルを構成することで、従来の機械系 CAD では表現が難しい複雑な形状を作成でき、さらに3 次元的な感触が得られるペン型の 3 次元デバイス「Geomagic Touch」を使用することで、実際にモデルに触れているかのような感覚で自由に造形することができます。

Geomagic Touchとは?

Geomagic Touchは、ユーザーの皮膚感覚にフィードバックを行いまさに「目の前で」「触れているかのような」感覚で3D クレイを自由に彫刻することができるハプティックデバイスのひとつです。
シミュレーション、トレーニング、スキル評価、リハーサル、仮想アセンブリ、ロボット制御、衝突検出、マシンインターフェースデザイン、リハビリテーション、マッピングなど様々な用途に応用されています。

技術仕様

従来のCADソフトウェアには無い彫刻、成形、装飾などのツールによって、有機デザインの作成が可能です。

代表的な機能

タッグ

モデルの任意の領域を押し込んだり引っ張ったりすることで、変形させることができます。

エンボス

BAMP、JPEG等の画像データからモデリング形状を作成します。複数の画像で段階的にモデルを作成することにより、一般的なエンボス機能に比べてより立体的な形状やシボ模様の作成ができるようになります。

スムージング

任意の領域を滑らかにすることができます。また選択した範囲の凹凸を消すことも可能です。

オフセット

BAMP、JPEG等の画像データからモデリング形状を作成します。複数の画像で段階的にモデルを作成することにより、一般的なエンボス機能に比べてより立体的な形状やシボ模様の作成ができるようになります。

ブーリアン

モデルの結合や除外が可能です。オフセットと組み合わせることで、装具や梱包材などを作成することができます。

自動サーフェス

作成したモデルにサーフェスを作成する機能です。作成されたサーフェスはCADデータとして出力することが可能です。